WOW|正規輸入時計専門店オオミヤのウェブマガジン

正規輸入時計専門店オオミヤのウェブマガジン

H.モーザーこそ、オヤジの次なる一手だ!|戸賀 敬城

以前もこのブログでお話させていただきましたが、
機械式時計の世界は今、あらゆる意味で“二極化”が進んでいます。

チタンやカーボン、セラミックといった新素材の台頭によって
ハイテクなもので固められた、スポーティなトレンドが色濃い、
いわゆる“ラグジュアリー・スポーツ”と称されるブランドやモデル。

一方、パテックやヴァシェロンに代表される、
クラシックな高級時計ブランドも好調ではありますが、
クラシックがクラシック然としていては、売れない時代なのも事実。

オーデマ ピゲの「CODE 11.59」に象徴されるように、
伝統を守りつつも、いかにしてモダンな感性を取り入れられるかが、
生き残るためには必要になってくる。

そんな感覚に優れた、いま僕自身もっとも気になっている時計を、
今回はご紹介したいと思います。

1-617x830 H.モーザーこそ、オヤジの次なる一手だ!|戸賀 敬城

それがこちら、H.モーザーの
「エンデバー・パーペチュアル・ムーン・コンセプト」です。

H.モーザーは1828年に創業した、スイスを拠点とするマニュファクチュール。
歴史に裏付けられた確かな技術は言わずもがな、
インデックスすら配されていないブラックの文字盤、美しい曲線を描いた針など、
クラシックな時計を見事にモダンな方向へとシフトさせている。

ムーンフェイズに「オジサン臭い」というイメージを
もっている人も少なくないと思いますが、
こんなスタイリッシュなデザインなら断然ありですよね?

2-601x830 H.モーザーこそ、オヤジの次なる一手だ!|戸賀 敬城

まさしく、カジュアルにも着けられるムーンフェイズ。
というわけで、PT05のジーンズに合わせてみました。

リネンのトラッカージャケットはB.R.ONLINEで購入したバグッタ。
それと色合わせしたスエードローファーはオールデン。
インナーのニットTシャツはユニクロです。

ちなみに余談ですが、小脇に抱えたザネラートの戸賀別注モデル
「ネノ バントゥー」は秋に再販される予定!

加えてこの時計が素晴らしいのは、ほどよいボリューム感があるところ。
このデザインで薄手だと合わせる服を選びますが、
適度に男らしさがあるので、半袖にすらマッチする。
しかも、ロゴに頼らないカッコよさは、紳士服に通じるところもある。

ラグジュアリー・スポーツに飽きてきた人への新しい提案として、
とても新鮮な時計だと思います。
戸賀は、本当に欲しいです(笑)

戸賀 敬城
1967年、東京生まれ。編集者。GDOブルーダー、BRオンライン、顧問。ラグブロ。編集長。ナノ・ユニバース メンズ・ディレクター、ヒルトン・アンバサダー。マクラーレン東京アンバサダー。PXGアンバサダー。学生時代からBegin編集部(世界文化社)でアルバイト、大学卒業後にそのまま配属となる。1994年Men’s Ex(世界文化社)の創刊スタッフ、2002年Men’s Ex編集長に。2005年時計Begin(世界文化社)編集長、及びメルセデスマガジン編集長兼任。2006年UOMO(集英社)エディトリアル・ディレクター就任。10代目MEN'S CLUB編集長。エスクァイアBBB日本創刊編集長。レクサスマガジン元編集長(ハースト婦人画報社)