WOW|正規輸入時計専門店オオミヤのウェブマガジン

正規輸入時計専門店オオミヤのウェブマガジン

H.モーザーを手に入れた!|戸賀 敬城

前回の記事からだいぶ日が経ってしまいましたが、
それには理由があるんです。

以下は前回アップした「H.モーザー」の記事。
もうお読みいただけましたよね?

H.モーザーこそ、オヤジの次なる一手だ!|戸賀 敬城

あれからというもの、H.モーザーがずっと頭から離れず……。
買うか買うまいか、買うとしたらどのモデルが戸賀らしいのか?
そんなことを数カ月間、ずっと考えていたんです。

そして、自分なりに出した答えがこちら!
1 H.モーザーを手に入れた!|戸賀 敬城

そうなったら当然、買っちゃいますよね(笑)。

悩みに悩んだ末に選んだのは、衝撃的とも言える美しさをもつ
「ベンチャー‭・コンセプト・ベンタブラック」。
ずっと欲しかった世界一深い黒です。

光の吸収を99.965%吸収する、
人工的に製造されたもののなかでは世界でもっとも黒い物質
「Vantablack®」を文字盤に採用しています。

イギリスの研究機関が開発したVantablack®は、
1平方メートルあたり約1億個からなる極めて細い
カーボンナノチューブ(筒状炭素分子)で構成されている。
人間の髪の毛の1万分の1という
超極細カーボンからなるムラのない綺麗な文字盤は、
ほかでは再現不可能なんです。

懐中時計に着想を得たという丸いサファイアガラスは、
11.9㎜という厚さを感じさせない。
39㎜の程よいサイズ感は着け心地のよさを。
このベンチャーの特徴でもあるドーム型のネオヴィンテージスタイルと
温かみのある優しい色調の18Kレッドゴールドが、
ハイテク素材とのコントラストを楽しませてくれます。

ムーブメントは自社製手巻きキャリバーHMC327を搭載。
ダイヤルのエレガンスを損なわないよう、
パワーリザーブは時計の裏側のインジケーターに表示される。

H.モーザー社については前の記事で少し触れているので、
今回は割愛させていただきますが、
戸賀のベンチャーはロゴもインデックスもなし!
単に時間を表示する道具ではない、そこもH.モーザーの魅力です。

2 H.モーザーを手に入れた!|戸賀 敬城

極めてスマートでラグジュアリーな究極の黒。
トレンドの“ラグジュアリースポーツ”はやや食傷気味。
程よいモード、“with モード”でラグジュアリーを楽しみたい今、
まさに手にしたい一本だったんです。

たとえば、こんな風に。
ベルルッティのニットジャケットに、インナーのニットはユニクロ。
パンツは心地よく美脚シルエットを演出してくれる戸賀の定番、
ジャブス アルキヴィオのマサッチョです。
靴はベルルッティ、アンディのラバーソールね。

ベンチャーの文字盤に合わせて、
そして今季のトレンドでもあるブラックをポイントに、
ほんのりモードなモノトーンスタイルにまとめてみました。

戸賀の「ベンチャー・コンセプト ベンタブラック」は295万円。
心斎橋店から届いてすぐ「トガブロ。」で紹介したところ、
うれしいことにすでに数人、ご購入された方がいるらしい!

愛車のマクラーレン 570Sにもベンテイガにも、
もちろんタキシードやスーツにも似合うベンチャー。
これから当面の間、このベンチャーをアップしていきたいと思うので、
皆さんお楽しみに!

戸賀 敬城
1967年、東京生まれ。編集者。GDOブルーダー、BRオンライン、顧問。ラグブロ。編集長。ナノ・ユニバース メンズ・ディレクター、ヒルトン・アンバサダー。マクラーレン東京アンバサダー。PXGアンバサダー。学生時代からBegin編集部(世界文化社)でアルバイト、大学卒業後にそのまま配属となる。1994年Men’s Ex(世界文化社)の創刊スタッフ、2002年Men’s Ex編集長に。2005年時計Begin(世界文化社)編集長、及びメルセデスマガジン編集長兼任。2006年UOMO(集英社)エディトリアル・ディレクター就任。10代目MEN'S CLUB編集長。エスクァイアBBB日本創刊編集長。レクサスマガジン元編集長(ハースト婦人画報社)