WOW|正規輸入時計専門店オオミヤのウェブマガジン

正規輸入時計専門店オオミヤのウェブマガジン

FEATURING

Category

最新世代のサントス ドゥ カルティエで 王道ウォッチの魅力を再(初)確認!|関口 優

サントスMMのコンビモデル ブレスレットの美しさが異次元です 先日、カルティエのサントス MM コンビモデルを購入しました。まさにこの11月にサイトをローンチしたHODINKEE Japan(ホディンキー・ジャパン) hodinkee.jp の編集長として、新たな気持ちで自分を奮い立たせるために思い切って買ったのですが...

ウインターホワイトな装いに、サブマーシブルで“男らしさ”のスパイスを|戸賀 敬城

気づけば、今年も残すところあとわずか。 冬の足音が着々と近づいてきましたね。 冬といえばここ数年、個人的に気に入っているスタイルがあるんです。 黒や茶、グレイといったダークトーンを選びがちな冬ですが、 僕はそこにあえて“白”を多く取り入れたい。 “ウインターホワイト”と個人的に呼んでいるんですが、 夏のイメージが強い白...

時計も洋服もヴィンテージが過熱気味。実は気を付けたい着こなしポイントがあるんです|関口 優

全身ヴィンテージはコスプレっぽい! 古い洋服には新しい時計を合わせたい 最近ヴィンテージが熱いらしい。僕は古着もあまり着たことがないし、時計もその手のモノにはまだ手を出していない。ところが今、現在よりも作りが優れているとさえされる過去の名品たちが、脚光を浴びているというのだ。しかも一部のコレクターズアイテムを除いて、価...

秋冬スーツに「ゼニス」か「ウブロ」か・・・。それが問題だ!|戸賀 敬城

ハロウィンの仮装をした かわいい子どもたちや若者たちを尻目に、 ほぼ毎日、スーツ姿で働く戸賀です。 ここ最近、スーツを着るたびに思うことがあるんです。 スーツに合わせる時計は、どこまで遊んでいいのか? 華奢なドレスウオッチじゃつまらないし、 かといって存在感がありすぎてもチャラく見られかねない。 長い歴史、確かな背景を...

大人でもG-SHOCK! ケース素材が進化していて 集める楽しみが再燃中なんです|関口 優

G-SHOCKだからといって樹脂ケース一辺倒はもったいない! チタンなど新しいメタル系Gに注目 日本が誇る傑作時計のひとつにG-SHOCKがある。時計好きの皆さんならば、1本くらいは持っていると思われるが、御多分にもれず僕も複数本所有している。特に角型が大好きで、最近愛用しているメタルのB5000は質感が子供っぽくない...

秋冬スタイルのアク抜きに、 白エドックスが最強!|戸賀 敬城

気候もすっかり涼しくなって、 いよいよ秋本番ですね。 街では秋冬のジャケットに身を包んだオヤジたちが増えてきた。 僕も例にもれず、早速、秋のおしゃれを楽しんでいますが、 ともすれば重苦しくなりがちな秋冬スタイルにあって、 戸賀の鉄板カラーとも言うべき色があるんです。 それこそ、ずばり「ホワイト」。 「白って、春夏のカラ...

やんちゃに見えて、トゥー・マッチじゃない。オヤジのハズシにBR-X1を|戸賀 敬城

まだまだ残暑厳しい今日この頃ですが、 皆さん、いかがお過ごしでしょうか? 夏のTシャツやポロシャツスタイルから一転、 軽やかな仕立てのジャケットをはおって歩きたい秋口、 大人のハズシ時計としてちょうどいい ベル&ロスの「BR-X1」を今回はご紹介したいと思います。 戸賀の愛機は、約2年前に購入した限定モデル。 旬のスケ...

50周年を迎えたいまだから――。改めて人気定番・自動巻きクロノグラフの魅力を考えました|関口 優

3者3様のクロノグラフ 歩んだ歴史に思いを馳せて 今年、時計業界は多くのアニバーサリーでにぎわっています。ちょうど50年前の1969年、人類初の月面着陸にオメガのスピードマスターが携行されたり、現在もつづく大手ブランド4社が集まって自動巻きクロノグラフムーブを開発したり、ロレックスのデイトナにも用いられた高振動クロノの...

夏に合う時計って派手なものが鉄板ですか?|関口 優

夏に試したいのが、金やベージュ系を用いた大人の色合わせ ようやく暑くなってきた2019年、夏! まってましたとばかりに薄着になり、腕元にはゴッつく派手な時計をされる方も多いと思う。一方で、手首が華奢でどうしてもデカくて厚い時計にはなじめないという人もいるだろう。今回は、そんな悩める読者諸兄のために、夏の装いに合いそうな...

ゼニスのパイロットがあれば、大人のポロシャツ姿に小細工はいらない|戸賀 敬城

ジメジメした、長かった梅雨もやっと終わって、 いよいよ夏本番ですね。 Tシャツ、そしてポロシャツで、 軽やかに休日を過ごしたいところですが、 そんな夏のシンプルなカジュアルに重宝している、 ゼニスのパイロットウォッチ「アエロネフ タイプ20」を、 今回はご紹介したいと思います。 どうです? 遠目から見ても、その大きさ、...

腕時計を購入する際、必ず定番モデルを一度は見たほうがいいんです!|関口 優

今回は実体験とともに、徹底熱弁させてください。 腕時計って不思議なもので、定番と呼ばれるアイコン的なモデルが著名ブランドにはひとつはある。これが一流ブランドであるが所以、とばかりにフラッグシップとされているが、ほかの業界では考えられないこと。これは良いことなのか、果たして停滞の証なのか。否、素晴らしく良いことなので、今...

スーツ姿で男を上げるなら、“骨太ラグジュアリー”なオクトを|戸賀 敬城

ジメジメした梅雨の真っただ中ですが、 皆さんいかがお過ごしでしょうか? たとえ天気は晴れなくても、 お気に入りの時計を身につけて出かければ 気分は晴れるというものです。 今回は僕にとってそんなお気に入りの時計のひとつ、 ブルガリの「オクト」を、ご紹介したいと思います。 ジュエラー出自のラグジュアリーさはもちろん、 幾何...

腕時計は旅の特別な瞬間をより格別なものにしてくれる/ブライトリング ビーチクリーンイベント|関口 優

スーパーオーシャン ヘリテージⅡは海辺での充実度を高めてくれるイイ女的・腕時計 5/10、バリ島で行われたブライトリングのビーチクリーンイベントに参加させていただいた。ブライトリング“スクワッド”の目玉のひとつでもある、ケリー・スレーターをはじめとしたサーファーズ・スクワッドが参加。スーパーオーシャン ヘリテージに追加...

ヴァンガードはキメすぎ注意! ラフな装いでこそ、光るんです|戸賀 敬城

このブログ連載も早いもので3回目。 今回は2014年にデビューした、 フランク ミュラー「ヴァンガード」をご紹介したいと思います。 フランク ミュラーといえば、 真っ先に思い浮かぶのが代名詞であるトノーケースや、 独創的な文字盤デザインですよね? そんな個性的なデザインゆえ、 「自分にはちょっとハードルが高いかも…」 ...

モナコ、サントス、レベルソ。角型時計に悩める皆様へ、それぞれスタイルが全く違います!|関口 優

伝説的ストーリー タグ・ホイヤー モナコ 今回のテーマである角型時計。これ、実は私が目下最もハマっているもの。今年欲しくなった時計といえばほぼほぼ角型の時計で、連載第1回でもカルティエのサントス デュモンのことを挙げた。 なぜこんなに角型時計に惹かれているのか? 今年ぼくが気になっている時計を特徴づけるキャッチフレーズ...

タグ・ホイヤー モナコは、スーツスタイルでこそ存在感を放つ|戸賀 敬城

先月アップさせていただいた第1回の記事、 もうご覧いただきましたよね? 2回目となる今回は、1969年に世界初の角形防水時計として、 また世界初の自動巻きクロノグラフとして誕生し、 今年50周年を迎えたタグ・ホイヤー「モナコ」をご紹介します。 このモナコはメンズクラブ編集長時代にたびたび誌面で紹介し、 幸せなことに別注...

定番ブランドがアップデートを続ける時計を 僕らも固定観念なく着けこなしたい|バーゼルワールド2019

3月21~27日の間開催されていたバーゼルワールドに今年も訪れた。 すでに読者のみなさんも知るところだと思うので、まず会場の様子をはっきりとお伝えすると、例年の盛り上がりはなく、やや寂しい印象を受けた。噂によると、出展ブランドの減った数は500とも600とも言われている。 ただまあ、取材自体が失敗したかというとそんなこ...
連載スタート

パネライ ラジオミールが シンプルな夏カジュアルを格上げ!|戸賀 敬城

このたび、オオミヤさんからお声がけいただき、 ブログを書かせていただくことになりました。 僕が日々発信しているブログ「トガブロ。」でも 腕時計をたびたび取り上げていますが、 このオオミヤさんのブログでは腕時計を よりファッションの一部としてとらえ、 オオミヤのスタッフの皆さんとは少し違った角度から 個人的に気になった新...
連載スタート

汗だくだった2019年ジュネーブサロン|SIHH2019

汗だくだった2019年ジュネーブサロン 2019年、今年のジュネーブサロンは汗が止まらなかった。1月のスイスにしては暖かく、日本と変わらないくらいの気温にして、元来暑がりなのに厚着をし過ぎたせいもある。でも本当の理由は、物欲をくすぐられる新作があまりに多く、時間ギリギリまで時計を眺めては次のアポイントへとサロン内のブー...

落ち着きを取戻しつつある ブランド戦略と時計の価格

2017年の新作が出揃うまで、時計業界は一般ユーザーが時計を選びにくい環境にあった。複合的な理由があるが、価格の高騰が最も大きな懸念事項だったろう。中国経済の活況と共に、より付加価値の高いもの、より希少なものの需要が高まったのだから仕方のない話ではあるが、我々がリアルに検討できるような時計は数えるほどしかなかったと言え...