WOW|正規輸入時計専門店オオミヤのウェブマガジン

正規輸入時計専門店オオミヤのウェブマガジン

男よ、今こそチューダーを手にするとき!|戸賀 敬城

top-830x615 男よ、今こそチューダーを手にするとき!|戸賀 敬城


大学生時代に、Begin編集部のアルバイト時代にその存在を知り、
恋焦がれ続けてきた「TUDOR(チューダー)」。

1926年にロレックスの創立者であるハンス・ウイルスドルフが、
ロレックスの技術と信頼性を備えた、
先駆的な腕時計をつくりたいという思いから誕生させた、
スイスの腕時計ブランドがチューダー。
この原稿、何度となく書いたことを思い出す。

2018年、日本に本格上陸を果たして以来、
飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を集めているそんなチューダーが、
遂にoomiya 心斎橋店で取り扱いを開始した!

となれば居ても立っても居られず、
気になっていたモデルをインプレッションさせてもらった。

1-830x623 男よ、今こそチューダーを手にするとき!|戸賀 敬城
それがこちら。
チューダーの定番的ダイバーズウォッチ「ブラックベイ」の
オールブラックモデル「ブラックベイ ダーク」です。

ダイバーズウォッチのお手本ともいうべきたたずまいながら、
マットなサテン仕上げによるブラックPVDコーティングが、
どことなくミリタリー的な雰囲気も漂わせて、
めちゃくちゃカッコいいでしょ?
1970年代にフランス海軍が使用していたチューダー ウォッチの
「スノーフレーク」と呼ばれるスクエア型の針を備え、
さりげなく配された赤もミルスペックを思わせて、
男なら誰でも、間違いなく垂涎ものです。

ちなみに細かいですが、
リューズガードが施されていないところも、
実にクラシックな顔つきでいいんですよね。


2-557x830 男よ、今こそチューダーを手にするとき!|戸賀 敬城

そんなブラックアウトされた、男っぽいチューダーを、
モノトーンのカジュアルに合わせてみました。

レザーライダーズはお気に入りのサイレント。
PT05のジーンズに、足元はオールデンのコードバン。
白コットンニットはユニクロです。

今どきのラグジュアリー・スポーツはもちろん、
モードな着こなしにもマッチしてくれると思う。

気軽につけられて、
でも10年、20年経っても決して時代遅れになることはない、
普遍性を備えたチューダー。

そんな腕時計が、50万円で手に入るなら…
俺もいよいよ、チューダーか!

戸賀 敬城
1967年、東京生まれ。編集者。GDOブルーダー、BRオンライン、顧問。ラグブロ。編集長。ナノ・ユニバース メンズ・ディレクター、ヒルトン・アンバサダー。マクラーレン東京アンバサダー。PXGアンバサダー。学生時代からBegin編集部(世界文化社)でアルバイト、大学卒業後にそのまま配属となる。1994年Men’s Ex(世界文化社)の創刊スタッフ、2002年Men’s Ex編集長に。2005年時計Begin(世界文化社)編集長、及びメルセデスマガジン編集長兼任。2006年UOMO(集英社)エディトリアル・ディレクター就任。10代目MEN'S CLUB編集長。エスクァイアBBB日本創刊編集長。レクサスマガジン元編集長(ハースト婦人画報社)