WOW|正規輸入時計専門店オオミヤのウェブマガジン

正規輸入時計専門店オオミヤのウェブマガジン

タグ・ホイヤーのトゥールビヨンこそ、手の届くラグジュアリー|戸賀 敬城

top-830x631 タグ・ホイヤーのトゥールビヨンこそ、手の届くラグジュアリー|戸賀 敬城

僕が思う、ファッションとしての腕時計との付き合い方を
皆さんにお届けしているこのブログですが、今回は少し趣を変えて、
“トゥールビヨンをまとう意味”みたいなことをお話できたらと思っています。

なぜかというと、僕でも買えると思える、
本気で欲しいと思えるトゥールビヨンがあるからです。

そのモデルを紹介する前に、
まずは時計業界の現状についてお話しておく必要があります。

各ブランドから1000万円を超える“超”高級時計が続々と登場し、
100万円の腕時計はもはや高級ともいえないところまで来ている。

そして、複雑系といわれるトゥールビヨンやパーペチュアルカレンダー、
ミニッツリピーターなどの機能を搭載した“超”高級時計もあれば、
一方ではチタンやカーボン、セラミックといった新素材の台頭によって
ハイテクなもので固められた、スポーティなトレンドが色濃いモデルも支持を集めている。

機械式時計の世界は今、そんなあらゆる意味での“二極化”が進んでいて、
長い歴史があっても変わらない、変われないブランドは淘汰され、
たとえ30年余りの歴史であってもトップに立つことができるのが現状です。

ゆえに、前述した機械式時計の複雑機構などは、
いわゆるトレンド・ウォッチャーたちにとって興味の対象ではあっても、
リアルに語られることはありませんでした。

このタグ・ホイヤーの「カレラ キャリバー ホイヤー02T」が出るまでは。

1-623x830 タグ・ホイヤーのトゥールビヨンこそ、手の届くラグジュアリー|戸賀 敬城

それまで、ごく一部の時計愛好家だけの逸品だったトゥールビヨンを、
三桁で、しかも100万円台で、限りなく手の届く価格で実現。
しかも、マットブラックのセラミックケースによる、
旬の“ラグジュアリー・スポーツ”で。

時計業界の常識を覆し、
そこに大きな宝の山があると踏んだタグ・ホイヤーは、
やはりエポックメイキングと呼ぶにふさわしい。

やっぱり一番の魅力、目を引くのが、
1分間に1回転するトゥールビヨンのテンプの動き……
これには時計好きじゃなくても虜にしてしまう魅力があります。

最近は製造も追いついてきたらしく、
人生の目標とすべき先人、先輩たちの時計、
これまで知らなかった世界が手ごろな価格で買えるとなれば、
注目すべき時計であることは間違いありません。

2 タグ・ホイヤーのトゥールビヨンこそ、手の届くラグジュアリー|戸賀 敬城

しかも、こんなセーターで、
もしくはTシャツで身につけられるトゥールビヨン、
今までにありましたか?

100m防水なので、プールやシャワーにもつけたまま入れてしまう、
ジャケット、襟付きを嘲笑うかのようなトゥールビヨン。
ある意味、もっとも贅沢な腕時計かもしれません。

年に1、2回しかつけない無用の長物ではなく、
僕らのライフスタイルに寄り添ってくれるトゥールビヨン。

それをつくったタグ・ホイヤーには本当に拍手を贈りたいと思うし、
それこそ、真のラグジュアリーなのではないかと思うのです。

戸賀 敬城
1967年、東京生まれ。編集者。GDOブルーダー、BRオンライン、顧問。ラグブロ。編集長。ナノ・ユニバース メンズ・ディレクター、ヒルトン・アンバサダー。マクラーレン東京アンバサダー。PXGアンバサダー。学生時代からBegin編集部(世界文化社)でアルバイト、大学卒業後にそのまま配属となる。1994年Men’s Ex(世界文化社)の創刊スタッフ、2002年Men’s Ex編集長に。2005年時計Begin(世界文化社)編集長、及びメルセデスマガジン編集長兼任。2006年UOMO(集英社)エディトリアル・ディレクター就任。10代目MEN'S CLUB編集長。エスクァイアBBB日本創刊編集長。レクサスマガジン元編集長(ハースト婦人画報社)