WOW|正規輸入時計専門店オオミヤのウェブマガジン

正規輸入時計専門店オオミヤのウェブマガジン

ウインターホワイトな装いに、サブマーシブルで“男らしさ”のスパイスを|戸賀 敬城

気づけば、今年も残すところあとわずか。
冬の足音が着々と近づいてきましたね。

冬といえばここ数年、個人的に気に入っているスタイルがあるんです。
黒や茶、グレイといったダークトーンを選びがちな冬ですが、
僕はそこにあえて“白”を多く取り入れたい。

“ウインターホワイト”と個人的に呼んでいるんですが、
夏のイメージが強い白をあえて冬に用いてこそ、
周囲との差別化はもちろん、大人の上品さ、
色気を漂わせてくれると思うんです。

今回は、そんなウインターホワイトな装いに大活躍してくれる、
「パネライ サブマーシブル」をご紹介したいと思います。
1 ウインターホワイトな装いに、サブマーシブルで“男らしさ”のスパイスを|戸賀 敬城
どうです?
ウインターホワイトでしょ?(笑)

やや太畝の白コーデュロイによるセットアップはタリアトーレ。
インナーの白カシミアセーターはフェデーリ。
ともにBRオンラインで購入したお気に入りです。

そんなウインターホワイトには、シックな色を足してやるといい。
今の気分なら、茶よりも黒かな。

となれば「パネライ サブマーシブル」の出番なんですが、
戸賀のサブマーシブルはひと味違うんです。
2 ウインターホワイトな装いに、サブマーシブルで“男らしさ”のスパイスを|戸賀 敬城
見てください!
スポーティな黒ラバーストラップから一変、
特注したツヤなしの白アリゲーターストラップ仕様に!
パネライには素材、色などを楽しめる純正ストラップが豊富にあるんだな。

1956年に開発され、
エジプト海軍に供給されたモデルをルーツにもつサブマーシブル。
チタンやスチールより軽く、傷や衝撃に強く、
優れた耐食性をもつカーボンファイバーからなる
「カーボテック」をケースやベゼルに採用した本格ダイバーズだ。

そんな硬派な時計も、
ストラップを高級感あふれる白アリゲーターにすることで、
大人が白シャツのように街で使える一本になるんです!
これぞ、“街ダイバーズ”。
3 ウインターホワイトな装いに、サブマーシブルで“男らしさ”のスパイスを|戸賀 敬城
一方、こちらはデフォルトのサブマーシブル。
もちろん、ブラックで統一された硬派なカーボテックは、
黒ライダーズなどを用いた硬派なカジュアルにマッチする。

シングルライダーズはサイレンス、
インナーの白セーターはナノ ライブラリーのシルク×カシミヤ。
こんなワンポイントでのホワイト使いもおすすめです。

戸賀イチオシのウインターホワイト、そして「パネライ サブマーシブル」、
ぜひお試しくださいね!

戸賀 敬城
1967年、東京生まれ。編集者。GDOブルーダー、BRオンライン、顧問。ラグブロ。編集長。ナノ・ユニバース メンズ・ディレクター、ヒルトン・アンバサダー。マクラーレン東京アンバサダー。PXGアンバサダー。学生時代からBegin編集部(世界文化社)でアルバイト、大学卒業後にそのまま配属となる。1994年Men’s Ex(世界文化社)の創刊スタッフ、2002年Men’s Ex編集長に。2005年時計Begin(世界文化社)編集長、及びメルセデスマガジン編集長兼任。2006年UOMO(集英社)エディトリアル・ディレクター就任。10代目MEN'S CLUB編集長。エスクァイアBBB日本創刊編集長。レクサスマガジン元編集長(ハースト婦人画報社)