WOW|正規輸入時計専門店オオミヤのウェブマガジン

正規輸入時計専門店オオミヤのウェブマガジン

パネライ ラジオミールが シンプルな夏カジュアルを格上げ!|戸賀 敬城

このたび、オオミヤさんからお声がけいただき、
ブログを書かせていただくことになりました。

僕が日々発信しているブログ「トガブロ。」でも
腕時計をたびたび取り上げていますが、
このオオミヤさんのブログでは腕時計を
よりファッションの一部としてとらえ、
オオミヤのスタッフの皆さんとは少し違った角度から
個人的に気になった新作、そして所有する腕時計との
付き合い方をご紹介できたらと思っています。

そんな編集者ならではの視点が、
皆さんの時計選びの指針となればうれしい限りです。

記念すべき第1回は、先日購入したばかりのサブマーシブルと並び、僕が愛すべきもうひとつのパネライ、ラジオミールです。
1-1-623x830 パネライ ラジオミールが シンプルな夏カジュアルを格上げ!|戸賀 敬城ラジオミールを選んだ理由は、
決して嫌味じゃないゴールドケースが
スーツに似合うのはもちろん、
ポロシャツにデニムやチノパンといった、
シンプルなカジュアルを格上げしてくれるから。

その証拠は、戸賀の着こなしをご覧いただければ一目瞭然かと。
一見、なんの変哲もない着こなしですが、
腕元でさりげなく輝きを放つゴールドケースが、
装い全体を余裕のある大人へと格上げしてくれるんです。

とはいえ、もちろん服にも注意を払うことが必要です。
足元は過度にスポーティなスニーカーは避け、
すっきりした見た目と落ち着きのある印象をもたらすスエードのスリッポンで。
あえてポロシャツやTシャツではなく、半袖ニットを選んだのもポイント。
ちなみにデニムはお気に入りのフェンディです。2-1-623x830 パネライ ラジオミールが シンプルな夏カジュアルを格上げ!|戸賀 敬城黒のレザーストラップに合わせて、戸賀の定番バッグ、
ザネラートのポスティーナも黒レザーをチョイス。
言わずもがな、スリッポンの黒スエードもストラップに合わせたセレクトです。3-623x830 パネライ ラジオミールが シンプルな夏カジュアルを格上げ!|戸賀 敬城革小物はブラックしか似合わない?
と思った人もいるかもしれませんが、
ここからが、このラジオミールの本領発揮。

このゴールドケースは、ほんのり赤みを帯びたレッドゴールドゆえ、茶系の小物にも難なく溶け込んでくれるんです!
お気に入りのオールデン、バーガンディのローファーにもよく合わせています。

ゴールドケースを食わず嫌いしている人もいるかもしれませんが、このラジオミールのような薄型、
そしてあらゆる小物や肌にもなじみのいいレッドゴールドなら、誰でもエレガントにこなせますよ。

戸賀 敬城
1967年、東京生まれ。編集者。GDOブルーダー、BRオンライン、顧問。ラグブロ。編集長。ナノ・ユニバース メンズ・ディレクター、ヒルトン・アンバサダー。学生時代からBegin編集部(世界文化社)でアルバイト、大学卒業後にそのまま配属となる。1994年Men’s Ex(世界文化社)の創刊スタッフ、2002年Men’s Ex編集長に。2005年時計Begin(世界文化社)編集長、及びメルセデスマガジン編集長兼任。2006年UOMO(集英社)エディトリアル・ディレクター就任。10代目MEN'S CLUB編集長。エスクァイアBBB日本創刊編集長。レクサスマガジン元編集長(ハースト婦人画報社)