WOW|正規輸入時計専門店オオミヤのウェブマガジン

正規輸入時計専門店オオミヤのウェブマガジン

袖元から覗かせる最高峰の高級感 H.モーザー ベンチャー・コンセプト・ベンタブラック

素材感やコートなど、着こなしにボリュームが出てくる冬コーデ。
腕時計を選ぶ際にはここでスマートさを加えることで、
全体のバランスがよくなるとともに上品さを加味することができます。

そんな冬の手首に戸賀が合わせるのは、
H.モーザーの「ベンチャー・コンセプト・ベンタブラック」。

“地上でもっとも黒い黒”と言われるベンタブラックは、
高級車にも採用され、その美しい色合いが見る人を虜に。
大人の憧れの黒といっても過言ではないと思います。

IMG_0843 袖元から覗かせる最高峰の高級感 H.モーザー ベンチャー・コンセプト・ベンタブラックジジのウールジャケットにネイビーのニット、
ブルー系と茶系のアズーロ・エ・マローネの色使いに、
美しいブラックが引き締め効果を発揮してくれます。
パンツはジャブスのマサッチョを選びました。
モードな雰囲気もある時計なので、
パンツはカジュアルめでもコーディネートがまとまります。

スタイリッシュなケースサイズも相まって、
コーデがより上品に見えてきますよね。
ファッションアイテムとしても、
もっと脚光を浴びてもおかしくない表情だと思いませんか。

ベーシックな着こなしとシンプルな時計ですが、よい意味で普通には見えない。
それを演出できるのがH.モーザーの「ベンチャー・コンセプト・ベンタブラック」です。

99.965%の光を吸収する物質であるベンタブラック。
反射光は文字盤を覆うクリスタルのみに残るから、
角度によって針の色の見え方も変わってきます。
異なる表情を楽しませてくれるのもこの時計の魅力です。
そして写真を見ていただいてわかるように、
この距離で撮影しても文字盤の黒がはっきりと美しい!
遠目で見てもそれとわかりますが、いやらしさは感じない。
ラグジュアリーさも申し分ありませんよね。

128152375_207201997559961_3952890586013567821_n 袖元から覗かせる最高峰の高級感 H.モーザー ベンチャー・コンセプト・ベンタブラック
秋冬は落ち着いた色合いのアイテムを選ぶことが多くなります。
そうなると差し色を入れたくなるところですが、
艶やかで美しい黒は一点色をいれるくらいアクセントに。
新たな大人の差し色使いとしての選択肢にもなってくれます。

ドレスカジュアルの一本としてはもちろんですが、
スーツやタキシードといったフォーマルで合わせてもいい。

ブラックの文字盤を難しく感じてしまう人も多いかもしれませんが、
ベンタブラックはその概念を覆してくれます。

戸賀 敬城
1967年、東京生まれ。編集者。GDOブルーダー、BRオンライン、顧問。ラグブロ。編集長。ナノ・ユニバース メンズ・ディレクター、ヒルトン・アンバサダー。マクラーレン東京アンバサダー。PXGアンバサダー。学生時代からBegin編集部(世界文化社)でアルバイト、大学卒業後にそのまま配属となる。1994年Men’s Ex(世界文化社)の創刊スタッフ、2002年Men’s Ex編集長に。2005年時計Begin(世界文化社)編集長、及びメルセデスマガジン編集長兼任。2006年UOMO(集英社)エディトリアル・ディレクター就任。10代目MEN'S CLUB編集長。エスクァイアBBB日本創刊編集長。レクサスマガジン元編集長(ハースト婦人画報社)