ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート

ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux 今月から新規取扱いを開始した「ジラール・ペルゴ」から「ロレアート」のご紹介。ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux 「ロレアート」の名前の由来は当時クロノメーター検定を得たことから、”資格あるもの”という意味をこめて、当時のジラール・ペルゴ イタリアの代表の提案で、1967年に公開された、マイク ニコルズの有名な映画『卒業( IL LAUREATO(ロレアート))』(ダスティン・ホフマンなどが出演)にもリンクしています。

1975 年に初めて発表されたロレアートは、スポーティ&エレガンスのモデルです。今やジラール・ペルゴのなかでも一番人気のコレクションです。一体型ブレスレットのなめらかなラインと優れた着脱性によって、ジラール・ペルゴにしか成し得ない美しさと機能性を融合させたコレクションとなっています。

ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux

ロレアートのデザインは、1970年代からの歴史あるデザインです。パワフルな個性と力強いアイデンティティを備えたこの時計は、ジラール・ペルゴというブランドの発展における中心的な存在になっています。

ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux

​​どんなシーンでも、オンオフ問わずオールマイティに使えるモデルです。直線美ではなく曲線美を生かしたデザインは、「美しさ」を追求しているので、カジュアルにもスーツにも似合い、どんなシーンでも活躍してくれます。

ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux 昔からの時計愛好家の方からはGP(ジーピー)の名で親しまれているブランドで、マニュファクチュールといえば、ジャガールクルト、ゼニス、そしてジラール・ペルゴとこの3つのブランドを思いつく方も多いそうです。日本に最初に正規輸入されたスイス時計として知られています。

ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux 老舗のマニュファクチュールブランドであるジラール・ペルゴのロレアートは、今あるラグジュアリースポーツウオッチの先駆けと言われるモデルです。八角形の特徴的なベゼルデザインで個性を主張します。特徴的な八角形のベゼルに、傾斜をつけたデザインはやわらかな印象が目に飛び込み、デザインの奥行きを感じさせます。大聖堂の円蓋をモチーフとした円と八角形を重ねたベゼルが、外観上の最大の特徴。円はポリッシュ、八角形のベゼルの上面はサテン仕上げ(艶消し)、横面はポリッシュ仕上げ(艶有り)とたくみに使い分けがなされています。ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux 直線的なエッジと曲線的なラインを組み合わせたスタイル、ケース表面にはポリッシュ仕上げとサテン仕上げの両方が施されており、「八角形のベゼル」と「一体型ブレスレット」を特徴的なデザインです。丁寧に磨き上げをしたケースは、スーツ着用時にワイシャツの袖に引っかかることなく収まります。ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux 装着時の「美しさ」と理想的な着け心地はGPのこだわりで、それを実現するために、ロレアートのケース厚はトゥールビヨンであっても「12mm以下」に抑えられています。だからこそ365日オンオフ問わず活躍できる時計としてもおすすめできます。ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux ジラール・ペルゴは、今なおスイスで活動を続けている高級時計マニュファクチュールとしては古い歴史を誇ります。今年で230周年を迎え、今もなお継続して時計生産を行っている時計ブランドでは、世界で2番目の古いブランドです。全てのムーブメントの製造と開発を自社で行っている、スイスを代表する、数少ない本格マニュファクチュールです。ものづくりにも徹底的にこだわりの作り込みで、細部の仕上げには熟練職の手作業を多く取り入れていて、年間生産本数は約12,000本ほどしかありません。ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux クオーツショックで揺れた1970年代、1975年に誕生したロレアートは自社製クオーツを搭載していました。初代ロレアートは「円と八角形のベゼル」のデザインを採用。スイス製クォーツの先駆けとして、初代ロレアートはイタリアで火がつき、世界的な大ヒットとなりました。ジラール・ペルゴは、八角形ベゼルと一体型スティール製ブレスレットを備えたスポーティー エレガント モデルを初めて発売したブランドのひとつです。以来、ロレアートは、ポリッシュ仕上げとサテン仕上げ、直線と曲線を魅力的に組み合わせたデザインで知られてきました。

ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux

一体型ブレスレットのなめらかなラインと優れた着脱性によって、ジラール・ペルゴにしか成し得ない美しさと機能性を融合させたコレクションとなっています。ブレスレットはケース一体型の、H型のブレスレットを採用。中一列は、ポリッシュ仕上げH型のリンク駒はサテン仕上げ。サイドも艶消し仕上げになっています。

ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux しなやかなブレスレットは、ブランドのイニシャルがエングレービングされたダブルフォールディングバックルのサイドにあるプッシュピースを押すだけで簡単に開くことができます。バックルにはGPロゴが入った、両開き(観音開き)式を採用。腕に着用時もエレガントな雰囲気を醸し出します。

ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux また、時計本体から流れるように一体化したフォルムのブレスレットは手首の形状に合わせて柔らかくしなり、抜群のフィット感を約束します。とくにサテン(艶消し)仕上げのケースからラグまでのラインは美しく湾曲し流れて、形成(デザイン)されているので、絶妙に腕に沿った独特なフィット感を与えます。

ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux ケースとブレスとが切れ目なくひと続きになっているのは逸品で。面取りされた1つ1つのパーツが組み合わさり、そして絶妙な可動域、サテンとポリッシュを交互に組み合わせることで美しいフォルム、立体感を作り出し、滑らかな装着感をつくり出しています。

ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux ブラックの文字盤は、小さなピラミッド状の突起が整然と並んだクル・ド・ パリ装飾を施しています。高級感と立体感とを高め、 また光の反射を抑えて視認性を高める役割も果たし、ロレアートに欠かせない要素になっています。

ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux とても立体的で高級感の感じられる文字盤ですが、実際につけると落ち着いた印象で主張しすぎることなくあらゆるシーンで使えます。文字盤の色調と、ステンレススチールのトーンが非常にすっきりとシャープな印象を与え、様々な場面やあらゆる装いに活躍してくれそうです。文字盤のクル・ド・パリ装飾は、ロレアート誕生から40年余りを経ても、完成されたデザインになっています。その美しさは、時を経た今でもむしろ輝きを増しています。

均整の取れた三針時計はシンプルながら、どこにもない華やかさを匂わせています。バトン型の針には夜光塗料が塗られ視認性の確保とスポーティーな印象を与えてくれます。

ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux ケースバックはシースルーバックになっていて、いつでも自社開発キャリバーを眺めることができます。ムーブメントは手仕上げによる磨きの美しさにあります。部品を一つをとってみても、5種類の仕上げを施す手間を惜しまず、時計装飾の伝統的な技法を今も継承しています。搭載ムーブメントは自社製Cal.GP01800で191個の部品が使用されています。ムーブメントの厚みは3,97mmしかなく、ケース厚も10.88mmと薄くなっています。パワーリザーブは54時間を誇ります。回転ローターは両方向巻き上げで、腕の動きに合わせ効率よくゼンマイを巻き上げ、デスクワークなど一日の運動量が少ない方にも安心してご使用できます。

ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux 幾何学的に美しいベゼルやケース「一体型のブレス」、 「八角形のベゼルデザイン」、「文字盤のクルドパリ装飾」、そして優れた自社製ムーブなど初代からの伝統を継ぎ、 ジラール・ペルゴのアイコンとしての役割を果たしています。ぜひこの美しいジラールペルゴの名作「ロレアート」を手にとってご覧ください。

ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux

モデル名:ロレアート
品番:81010-11-634-11A
素材:ステンレススティール
ケース径:42mm
防水:100m
ムーブメント:自動巻き(自社製キャリバー GP01800)
パワーリザーブ:54時間
価格:1,419,000円(税込)

🔸金利・手数料0%のoomiyaプレミアムクレジットをご用意しています🔸
例えば、こちらにご案内したモデル【 ロレアート1,419,000円】を
’’60回分割無金利クレジット’’でご利用された場合。
→ ’’初回26,600円、月々23,600円×59回’’となります。(詳しいご利用方法はぜひ店頭のスタッフまでお問い合わせください。)

ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux

※信販会社による審査結果によりお客様のご希望に添えない場合もございます。予めご了承ください。
※金利・手数料は、株式会社オオミヤが負担いたします。
※一部のブランドでご利用回数の制限、ご利用できないモデルがございます。詳しくは、スタッフにお尋ねください。

※只今、ウェブクレジットにて、無金利ローンでのご購入を可能とした通信販売も承っております。
詳細はお電話またはメールでお問い合わせ下さい。
●Tel: 06-6251-0077
●E-mail: osaka@jw-oomiya.co.jp
営業時間:11:00〜19:30
水曜定休日

他にもジラール・ペルゴを多数店頭にて取り揃えております!
ぜひこの機会に、ジラール・ペルゴのコレクションをご覧ください。ご試着も可能ですので、お気軽にお申し付けください。

ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux

店舗における感染防止対策

oomiya 心斎橋店では、お客様ならびに従業員の健康と安全に配慮し、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、下記のとおり対応しております。

ラグスポの始祖のひとつ、老舗マニュファクチュール「ジラール・ペルゴ」の ロレアート - Girard-Perregaux

https://www.jw-oomiya.co.jp/contents/covid-19/

オオミヤはお客様ならびに従業員の健康と安全を最優先に考え、感染症の拡大防止に努めてまいります。お客様のご理解、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。