歴史的な船やダイビングの装備からチューダーが着想を得た “ブラックベイ ブロンズ“

歴史的な船やダイビングの装備からチューダーが着想を得た “ブラックベイ ブロンズ“ - TUDOR 今回ご紹介しますのは、チューダー「ブラックベイ ブロンズ」

チューダーはデザインにおいて、新たな挑戦として希少なブロンズ素材の美しいパティーナ(経年変化)に注目。スレートグレーの配色はダイアル、およびダイバーズウォッチに欠かせないそのベゼルに配され、かつて海軍に採用されてきた歴史とその精神が細部にまで感じられるデザインです。ムーブメントはマニュファクチュールキャリバーであるMT5601を搭載し、チューダーが誇る高い機能性を兼ね備えています。
歴史的な船やダイビングの装備からチューダーが着想を得た “ブラックベイ ブロンズ“ - TUDOR ブラックベイ ブロンズの大きな特徴は歴史的な船やダイビングの装備に着想を得た、43mmのブロンズケースです。この高品質の「生きた」素材は腐食に強く、かつて海軍の装備のパーツに採用されていたものです。高い機能性はそのままに、なによりブラックベイ ブロンズの完璧なサテン仕上げが、その美しいパティーナを生みだす変化を可能にしました。歴史的な船やダイビングの装備からチューダーが着想を得た “ブラックベイ ブロンズ“ - TUDOR 歴史的な船やダイビングの装備からチューダーが着想を得た “ブラックベイ ブロンズ“ - TUDOR 外側から内側にかけてグラデーションになっているスレートグレーのダイアルと、ゴールドを配したアワーマーカーとベゼルの目盛りのコンビネーション。その美しさとパティーナが組み合わさることで、身につける人と共に刻み続けてきた時を感じさせます。歴史的な船やダイビングの装備からチューダーが着想を得た “ブラックベイ ブロンズ“ - TUDOR 海軍との深い繋がりのあるチューダー。その歴史の中で育まれた精神は、今もなお現代のモデルに息づいています。例えば、かつてフランス海軍にブレスレットなしで時計を提供し、隊員たちはそれにハンドメイドのストラップなど、自らにフィットするものを取り付けて使用していました。チューダーのアーカイブの中の一つに、しなやかなゴールドの糸を使用したパラシュート装備用のストラップを取り付けたものがあります。これは実用性という意味において非常に優れており、このブラックベイ ブロンズにおけるジャカード織のスレートグレーのストラップの着想源となりました。
歴史的な船やダイビングの装備からチューダーが着想を得た “ブラックベイ ブロンズ“ - TUDOR 歴史的な船やダイビングの装備からチューダーが着想を得た “ブラックベイ ブロンズ“ - TUDOR リューズには、イギリス「チューダー家」の薔薇の家紋をモチーフに、アレンジをしたマークが刻まれています。
歴史的な船やダイビングの装備からチューダーが着想を得た “ブラックベイ ブロンズ“ - TUDOR 今なら店頭にてご覧いただけますので、是非気軽にお立ち寄りください。

商品名:ブラックベイ ブロンズ
品番:M79250BA-0002
ケース素材:ブロンズ
ベルト:ファブリックストラップ
ムーブメント:COSC認定自動巻き(マニュファクチュール キャリバー MT5601)
パワーリザーブ:約70時間
サイズ:43mm
防水:200m防水
価格:¥449,900-(税込)

 

チューダーについて
チューダーは独自の価値とともに洗練されたスタイルと、確かな信頼性を約束する機械式時計を提供するスイスの時計ブランドです。チューダーの起源は1926年にまで遡り、この年ロレックスの創立者ハンス・ウイルスドルフの代理で、スイスの腕時計メーカーが「チューダー(The Tudor)」を初めて登録。その後、1946年ハンス・ウイルスドルフは、ロレックスの品質と信頼性を有し、先駆者を備えた腕時計を製造するために、モントレ チューダーSAを設立、自身の名義で再登録した。チューダーの腕時計はその歴史において、最も果敢に活動する冒険家や熟練のプロフェッショナルたちに選ばれてきた。ブラックベイ、ペラゴス、スタイルといった象徴的なモデルをラインナップし、2015年以降、多様な機能を搭載した機械式マニュファクチュールムーブメントモデルを世に送り出している。

TUDOR is #BornToDare
昔も今も変わらない哲学は、ブランドの歴史を語る上で欠かすことができないものである。チューダーの腕時計は、数々の冒険家たちに愛され、陸海空、時には氷上などに過酷な環境下でさえ正確に時を刻み続けてきた。それは創業者のハンス・ウイルスドルフ自身の哲学ともいえる。彼にとって真の実用時計とは、過酷な環境に耐え得ることはもちろん、現代的でありことでライフスタイルを表現できるものでなければならなかった。それは現在のチューダーが持つ先駆的なクリエイティビティへと通じている。その哲学のもと、チューダーは腕時計業界において様々な偉業を成し遂げてきた。チューダーの#BornToDareの精神は様々なアンバサダーを通じて世界中に届けられ、彼ら自身もその哲学を自ら体現し続けている。