Bell&Ross(ベル&ロス)の時計に共通する4原則

こんにちは、及川です。

皆さんは夢って持っていますか?
小さい頃抱いた夢、叶えた方はどれくらいいるのでしょうか。
今回ご紹介するベル&ロスは、デザインを担当するブルーノ・ベラミッシュ氏と経営を担当するカルロス・ロシロ氏の2人で創り上げました。
2人は高校時代からの友人でお互いに航空機やアビエーションウォッチが好きで意気投合したそうです。
Bell&Ross(ベル&ロス)の時計に共通する4原則-Bell&Ross -00100lPORTRAIT_00100_BURST20190912132436008_COVERお互いに別々の道を歩んでいきましたが、大学を卒業して再会し、時計に対する熱い情熱を形にし、時計ブランドを設立したそうです。
こうして1992年、パリにベル&ロスの小さなオフィスが誕生したそうです。

とってもロマンのある創業の歴史ですね。このように、高校時代からの夢が形になり、成功しているのですから
なんだか夢が広がりますよね。
Bell&Ross(ベル&ロス)の時計に共通する4原則-Bell&Ross -00100lPORTRAIT_00100_BURST20190912132552613_COVER ベラミッシュ氏は、常に腕時計のデザインをする際には「すべてのディテールには意味と機能がなくてはならない」と言っています。
機能美を追求するにあたって、2人は4つの原則を決めました。
「視認性、機能性、防水性、高精度」
この4つが揃っていなければベル&ロスの時計ではない、としています。

しっかりと太めのベルトも柔らかく着け心地に優れています。
Bell&Ross(ベル&ロス)の時計に共通する4原則-Bell&Ross -MVIMG_20190909_173112

マットブラックの文字盤にホワイトの大きなインデックスや針は視認性抜群です。
ほぼ全ての時計が100m以上の防水を備えているので、日常生活で気を使うことはありません。

私がベル&ロスの時計で美しいと感じたのはケースの4隅のネジの方向が揃っているところです。
2016年までにはケースは2ピース構造でしたが、3ピース構造になり、ダイアル上のネジも無くしたことで見た目の美しさも増したのです。
常に機能美、そして視認性にこだわるからこそできたのではないでしょうか。

また、ベゼルの輪郭も太く「丸と四角」の印象が際立っています。

是非、店頭にてご覧くださいませ。皆様のご来店心よりお待ちしております。

Bell&Ros
商品名:BR 03‐92 ブラックマット
品番:BR03-92‐BL‐CE/SRB
ケース径:42㎜
防水:100m防水
価格:\469,800(税込)

インスタグラムの更新も行っております。
ブログと違ったお時計の情報をお届けいたします!是非、チェックしてみてくださいね!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.instagram.com/oomiya_osaka/
Bell&Ross(ベル&ロス)の時計に共通する4原則-Bell&Ross -d2177dc63fa01bb5a1127e1f396df18a-1