WOW|正規輸入時計専門店オオミヤのウェブマガジン

正規輸入時計専門店オオミヤのウェブマガジン

大人になったBR05は、スーツやジャケパンにも似合う!

不安な、そしてやるせない日々が続いていますが、
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

僕も不要不急の外出は控え、自宅で仕事をこなしながら、
ゆったりとした時間を自分なりに楽しんでいます。
皆さんも、どうかSTAY HOMEを。

そして、少しでも多くの皆さんの気晴らしになればと、
僕がおすすめする腕時計をご紹介させていただきますね。

1-830x674 大人になったBR05は、スーツやジャケパンにも似合う!

今回はこちら、ベル&ロスの「BR05」。
言わずもがな、2005年に衝撃のデビューをはたした
「BR01」の系譜を継ぐ最新モデルです。

ちなみに、旬のスケルトン、
そしてフォージドカーボンをケースに使用した
戸賀が愛用している限定モデル「BR-X1」は、
以前このブログでも紹介しましたね。

航空計器をモチーフにしたスクエアケース、
そして四隅をビス留めした独創的なデザインはもちろん健在。

でも、これまでのモデルに比べてどこか大人っぽく見えるのは、
サテン仕上げとポリッシュ仕上げを使い分けた素材感、
ケースと一体化したブレスレットの存在が大きい。

40㎜という、小ぶりになったサイズも都会的で、
その印象はまさしく旬の“ラグジュアリースポーツ”だ。

これまで、ベル&ロスの時計でスーツやジャケットに似合って、
ビジネスにも使えるモデルといったら、
「BR V1」をはじめとしたラウンドケースくらいだった。

この「BR05」はベル&ロスで初となる、
ビジネスシーンで使えるスクエアモデルだと思う。

2-567x830 大人になったBR05は、スーツやジャケパンにも似合う!

とはいえ、今はスーツやジャケパンを着る機会はないので、
あくまでカジュアルに合わせてみました。

この写真は自宅近所で、妻に撮ってもらったものです(笑)。

M-65風のブルゾンはルイ・ヴィトン。
ナンバーMのグレイパンツに、グッチのビット付きスリッパ。
インナーのセーターはユニクロです。

この手のスチールブレスレットは、
上品なグレイ系のパンツなら、カジュアルにも合うと思う。

一日でも早く、お気に入りの腕時計をつけて外出できることを願って、
今は我慢がまん!

戸賀 敬城
1967年、東京生まれ。編集者。GDOブルーダー、BRオンライン、顧問。ラグブロ。編集長。ナノ・ユニバース メンズ・ディレクター、ヒルトン・アンバサダー。マクラーレン東京アンバサダー。PXGアンバサダー。学生時代からBegin編集部(世界文化社)でアルバイト、大学卒業後にそのまま配属となる。1994年Men’s Ex(世界文化社)の創刊スタッフ、2002年Men’s Ex編集長に。2005年時計Begin(世界文化社)編集長、及びメルセデスマガジン編集長兼任。2006年UOMO(集英社)エディトリアル・ディレクター就任。10代目MEN'S CLUB編集長。エスクァイアBBB日本創刊編集長。レクサスマガジン元編集長(ハースト婦人画報社)