24表示のGMTが見やすいパネライ!PAM00531

本日お勧めするモデルは、パネライのGMTモデルです。
時計業界に入る前に時計屋さんでGMTの説明を受けた際に、海外に出張の際はGMT針を現地時間に合わせると2つの時間を瞬時にわかるので見やすいですよ♪
と言われたのをふと思い出した今日この頃。
よく考えると海外に出張ってそんなにあることですか?
ないとも言えないですが、あくまでもいろんなお客様とお話をしていると、圧倒的に行かない方の方が多く感じます。
それではGMT機能いらないとなるところですが、
GMTは海外の時間(第二時間)がわかるだけではないんです。
1周24時間のGMT針なら、24時間の時間がとても見やすいんです。
一つ下の画像と更にもう一つ下の画像を見比べて下さい。
↓  ↓  ↓
24表示のGMTが見やすいパネライ!PAM00531-PANERAI -PC180757 モデル:ルミノール 1950 3デイズ GMT 24H オートマティック アッチャイオ
品番: PAM00531
ケース径:44mm
動力:自動巻き 自社キャリバー P.9003
防水:300m
価格:1,080,000円(税込)
例えばコチラ↑↑の画像なら短針が10時を指しており、GMT針は10を指しているので午前10時となります。
続いて
↓ ↓ ↓
24表示のGMTが見やすいパネライ!PAM00531-PANERAI -PC180775コチラ↑↑の画像なら短針が10時を指しており、GMT針は22を指しているので午後10時となります。
24表示のGMTが見やすいパネライ!PAM00531-PANERAI -PC180758 24時間表示のGMTで午前と午後の区別がしやすいだけでなく、パネライらしい人気のサンドイッチ文字盤で立体的な文字盤も特徴的です。
24表示のGMTが見やすいパネライ!PAM00531-PANERAI -PC180759 シースルーバックからは自社キャリバー P.9003を覗くことができ、機械の動きをダイレクトに感じて頂く事ができます。
ムーブメントの左下に金色の輪があるのをご覧頂けますでしょうか?
時計の心臓部である調速機構が動いています。
機械式時計は無数の歯車が噛み合って動いている訳ですが、歯車と歯車を繋ぐパーツや更にそれを繋ぐパーツなど1つでも部品が欠けると機能しなくなる超精密機械です。
そして、
こちらのムーブメントに使われているパーツは
なんと、233個
見えない所にも無数のパーツが使われています。
機械式時計は男のロマンですね。
24表示のGMTが見やすいパネライ!PAM00531-PANERAI -PC180760パネライは文字盤にパワーリザーブ表示されているモデルもございますが、こちらのモデルは秒針だけにしたスッキリとした文字盤になります。
その為文字盤ではなくムーブメントにパワーリザーブ表示がされています。
上の画像は▲の矢印のところに「3」とございますが、もう1つ上の画像をご覧下さい。▲の矢印のところは0になっています。リューズを巻く事でパワーリザーブの表示が動き残りの動く時間の目安を一目でわかるようになっています。

時計の購入をご検討されている方、
シンプルな時計がいいけどみんなと違う時計がいいなと思っている方、
色んな種類のベルトを付け替えて楽しみたい方、

おすすめは、
パネライです。

まずは店頭で是非ご試着下さいませ。

816 PV