フラッハ

Tagged
並べ替え
A.ランゲ&ゾーネ 一切の無駄を省いた2針のみの「サクソニア・フラッハ」
サクソニア・フラッハは2011年に発表されて以来、一切の無駄を省き、時分表示に絞り込んだ機械式時計のエッセンスを体現するモデルとして親しまれています。 これほどに薄いケースを実現するためには、新しい手巻きムーブメントを設計する必要がありました。ムーブメントL093.1の高さはわずか2.9ミリしかあり...
730 PV