今日のA.ランゲ&ゾーネは、薄いランゲ1(グランド・ランゲ1)

今日のA.ランゲ&ゾーネは、薄いランゲ1(グランド・ランゲ1)-A.LANGE&SÖHNE -b243b53b-s


こんにちは、伊藤です。

今日のA.ランゲ&ゾーネは、薄いランゲ1、グランド・ランゲ1のご紹介です。
2012年にレイアウト(以前のモデルは時/秒のレイアウトが重なる部分があった)とサイズ変更(以前のモデルは41.9mm)、ムーブメントも基礎から新しく開発され登場しました。

以前のグランドランゲ1では、ツインバレル(香箱が二つ)によってパワーリザーブが72時間でしたが、現在のグランド・ランゲ1は、シングルバレル(香箱は一つ)によって、薄型化を実現しています。

「ランゲ1」、「グランド・ランゲ1」、「ランゲ1・デイマティック」の中では、一番薄く、厚さは8.8mmとなっています。

ケースサイズは、上記の3モデル中一番大きなサイズの40.9mm

3モデルの中では一番大きなサイズですが、薄型なので安定感があり装着感もとても良いです。
今日のA.ランゲ&ゾーネは、薄いランゲ1(グランド・ランゲ1)-A.LANGE&SÖHNE -9e680957-s
以前は時/秒のダイヤルが重なるデザインでしたが、現在は「ランゲ1」を一回り大きくし美しい表示のバランスを完全に再現しています。
アウトサイズデイトもダイヤルと同じ比率で大きくなっています。
今日のA.ランゲ&ゾーネは、薄いランゲ1(グランド・ランゲ1)-A.LANGE&SÖHNE -9a917a69-s
美しいムーブメントもご紹介。
A.ランゲ&ゾーネでは、ムーブメントの地板には通常ほとんどの時計で使われる「真鍮」は使わず「洋銀」を使用しています。
「真鍮」は、加工しやすく強度も保ちやすく、色が変わることはありません。

「洋銀」は、その「真鍮」よりも強度や美しさで優れていて、昔からドイツでは銀の代用品として使用されてきた素材です。

真鍮はニッケルという素材を含まないため酸化しても変化はしませんが、洋銀はニッケルを含むためその影響によりゆっくりと酸化反応が起こり、もともと明黄色の表面が黄金色に美しく変化していきます。

強度は真鍮よりも高く、耐食性も真鍮より高い素材なのが「洋銀」

そして、年月が経つと少しずつ黄金色に美しく変化していく姿を見ることができます。
今日のA.ランゲ&ゾーネは、薄いランゲ1(グランド・ランゲ1)-A.LANGE&SÖHNE -384248e9-s
「ミラー仕上げ」(鏡面の仕上げになっているもの)の部品は、すべてダイヤモンド仕上げが施されています。
ダイヤモンドの粉をまぶした仕上げ用のペーパーで各パーツを仕上げていきます。
4枚のペーパー(きめが粗いものから細かいものまで)を使用し8の字を描きながら各パーツを磨いていきます。
1枚につき、約20分も磨いていくそうで、一つ仕上げるのに2時間かかるそうです。

また、ムーブメントの面取りは45度でパフがけして鏡面になるまで磨いています。
(パフがけすることで、なめらかで美しい鏡面に仕上げることができます。)

裏面からムーブメントを見る際は、是非色々な角度に傾けたり、光を当ててご覧になってみて下さい。

品番:117.032
ケース:18Kピンクゴールド
ダイヤル:シルバー無垢、シルバー
ハンド:ピンクゴールド
機能:オフセンターの時刻表示、ストップセコンド機能搭載スモールセコンド、アウトサイズデイト表示、パワーリザーブ表示AUF/AB、パワーリザーブ72時間
ケース:直径40.9mm、高さ:8.8mm
仕様:サファイクリスタル製の風防ガラスおよびシースルーバック
ゴールド無垢製のアプライドインデックスおよびリューズ
バックルはゴールド無垢
価格:4,179,600(税込)

A.LANGE&SOHNE (A.ランゲ&ゾーネ)
Official Site=http://www.alange-soehne.com
関連記事=https://www.jw-oomiya.co.jp/blog/osaka/watch/category/a-lange-sohne
株式会社オオミヤはA.LANGE&SOHNEの正規販売店です。 ブランド解説