H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

本日は、H.モーザーの美しいファンキーブルー文字盤を採用した「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」のご紹介。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

調和のとれたデザイン、流れるようなフォルムに上質な仕上げを施し、ブランドを象徴するファンキーブルーを纏った素晴らしいデザインです。ストリームライナーと命名されたこの時計は、独自の個性を有しており、これまでとは異なる美しさです。わずかにドーム型をしたガラス風防、一体化されたステンレススチールブレスレットの曲線すべてが滑らかに繋がっています。

5 年以上前に H. モーザーはまったく新しい唯一無二の製品ラインの開発工程を始めました。最初の前提は、ステンレススチール製ケースのモデルにブレスレットを一体化させたデザインをすることでした。滑らかさとしなやかな連続したラインという概念がすぐに不可欠になりました。このコレクションが1920~30 年代に登場した初めての高速列車にちなんでストリームライナーと名付けられたのは当然の選択で、その流線型の曲線を再解釈しています。H. モーザーのアイデンティティの本質的特質であるミニマリズムは、創造過程全体の中心にあり、ストリームライナーの外観からそのムーブメントと機能に至るまで、すべてに影響を与えています。これについて、H. モーザーの CEO、Edouard Meylan(エドゥアルド・メイラン)は次のように説明しています。「私たちは、快適でエレガントで他にはないブレスレットから始めました。次に、クロノグラフ機能を中心にしてこのモデルをデザインしました。なぜなら、それこそが本当に見せたかったことだからです。ストリームライナーは、クロノグラフを特徴とする時計というよりも、時刻を表示するクロノグラフです。私たちは、控えめな表現と人間工学と読み取りやすさを重視して、サブダイアルのないセンター表示を採用しました。これは、私たちのミニマリスト哲学とも完璧に一致します。私たちは、クロノグラフの本質に立ち返り、さらにそれを次の段階へ進めようとしています。」

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie. 着け心地も良く、細い手首にもすっきりとおさまります。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

ファンキーブルーダイアルの縁の外側にはレッドとホワイトの秒目盛り、内側には分目盛りが刻まれています。12時の位置には、60 の数字がダイアルに配され、読み取りやすさと機能性が重視された 1960~70 年代のストップウォッチを思い起こさせます。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie. もちろん、クロノグラフにとっては精度がすべてです。それを保証するために、経過時間を測定する針として、自動車や測定機器のカウンターに見られるような根本が太くて先端が細い針が選ばれて、視認性も高めています。H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie. 常に読み取りやすさを重視して、H. モーザーは、レッドの秒針を採用する一方で、分針にはロジウムメッキが施されています。時と分の表示用として、H. モーザーは、2 つの部分からなる立体的な曲面の針を選択しました。これらの針は、グロボライト® を使用しており、立体的に輝くその針は夜でも抜群の視認性を誇ります。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

この革新的なセラミックベースの素材は、スーパールミノバ® を含み、今まで針に使われたことはありませんでした。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

滑らかなライン、幾何学的な曲線、ダイナミックなフォルム、コントラストと質感のハーモニーが独自性を発揮します。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック モデルは、直径 42.3 mm のステンレススチール製クッションケースを備える美しいフォルムの時計です。12 気圧防水により、ストリームライナーのクロノグラフ機能は、水中でも使うことができます。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

「M」で装飾されたオフセンターのリュウズは、10 時および 2 時位置の 2 個のプッシュボタンとのバランスを保っています。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

真の彫刻作品としてデザインされたこのケースは、調和のとれたプロポーションと美しいエアロダイナミクスを誇ります。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

トップ部分は、わずかにドーム型のグラスボックスタイプのサファイアガラスで覆われ、ボトム部分も同じようにシースルーケースバックです。H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

これらの曲線は、エレガントに弧を描いて手首のラインをなぞる一体型ステンレススチール製ブレスレットへと延びています。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie. H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie. H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

リンクの独自のデザインは、どれほど細い手首にも完璧に収まることを保証します。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

非常に複雑な構造のこのブレスレットは、有機的形態に基づくきわめて滑らかなラインを備えます。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

すべてのリンクは、可動するように連結され、縦方向のブラシ仕上げにポリッシュ仕上げの表面を組み合わせた穏やかな波の形をしています。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie. ベゼルには、サンレイブラシ仕上げが施されています。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

モーザーのケースならではの伝統的な形状にならい、ケースの表面にはブラシ仕上げとポリッシュ仕上げが交互に施され、くぼんだ形状の側面にはサテン仕上げが施されています。ケースサイドもモーザーならではのモーザーのこだわりの作り込みです。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie. H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie. 一体型ステンレススチール製ブレスレットを備えるクッション型ケースがとても美しいです。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie. 非常に温かみのある、昔ながらのクラフトマンシップあふれるタイムピース。H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie. 針の先端が下に落ち文字盤のメモリに近く、視認性を向上させているスイス伝統のこだわりの作りが楽しめます。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie. H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie. ストリームライナーは過去に現在と未来を組み合わせます。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie. このストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック モデルによってH.モーザーの新しいラインです。そのデザインとムーブメントは、必ずやブランドの象徴となるでしょう。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

H. モーザーが創設されてから 192 年後、このクロノグラフは、今日、マニュファクチュールが意味するすべてのことを示しています。

ひたむきな努力の成果であるストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティックは、過去と現在の間に一線を画し、H. モーザーにとっての新しい時代の始まりを告げます。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

搭載されているクロノグラフキャリバーは、多くの時計製造の専門家たちによって史上最高のデザインのひとつとみなされています。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

この新しいキャリバーは、H. モーザーから支援を受けた AGENHOR(アジェノー) によって開発されました。基礎となった哲学は、H. モーザーの成功に不可欠であった有名なパーペチュアル・カレンダーの哲学と非常によく似ています。そのデザイン ウォッチはきわめて複雑ですが、最終的には、センター表示のおかげで機能性と人間工学を重視したシンプルで読み取りやすいミニマリストなものになっています。実際、AGENHOR は、クロノグラフ機能を強調することで、200 年以上前から使われてきたクロノグラフの技術的なルールを書き換えました。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

時計機構に加え、クロノグラフとそのコラムホイールの作動を堪能できるように、ローターは、ムーブメントとダイアルの間に配置されました。キャリバー HMC 902 は、レトログラード原理の採用により、スネイルカムが蓄積および解放するエネルギーを用いて経過分針を瞬時にジャンプさせることができるため、値をきわめて正確に読み取ることが可能です。

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

分と秒をそれぞれ示す2本のクロノグラフ針と、時と分をそれぞれ示す 2 本の時刻表示針を特徴とするストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティックは、この上もなく控えめです。

只今、ご注文にて対応しております。詳細は、店頭スタッフまでお問い合わせください。

記:渡辺

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

H.Moser&Cie(H.モーザー)
商品名:ストリームライナー・フライバッククロノグラフオートマティック ファンキーブルー
品番:6902-1201
ムーブメント:AGENHOR が H. モーザーのために開発したキャリバー HMC 902 自動巻きムーブメント
パワーリザーブ:54時間
ケース径:42.3mm
厚さ:14.2 mm
防水:12 気圧防水(水中でクロノグラフおよびフライバック機能を使用可能)
その他特徴:振動数:21,600 振動/時、両方向自動巻き、ムーブメントとダイアルの間に配置されたタングステン製ローター、デュアル・バレル、コラムホイール式クロノグラフ、2 層構造のクロノグラフ機構、フリクションホイール付き水平クラッチ;クロノグラフ作動時の歯車の噛み合いおよびそれによる偶発的なジャンプを防止するために微小な歯を備えたスムースホイール、クロノグラフの作動と解除を可能にするチューリップ型ヨーク(くびき)、434 個の部品、55 石

価格:5,280,000円 (税込)

H.モーザー初のクロノグラフ「ストリームライナー・フライバック クロノグラフ オートマティック」 - H.Moser&Cie.

H. モーザーは Heinrich Moser により 1828 年に創設されました。ノイハウゼン アム ラインファルを拠点とするこのブランドは現在、約 60 名の従業員を擁し、14 の自社製キャリバーを開発し、年間に 1,500 個以上の時計を製造しています。H. モーザーは自社製品に使用する調速機構やヒゲゼンマイなどといった部品を自社内で製造する希少なマニュファクチュールです。それらの部品はパートナー企業にも供給されています。H. モーザーはモーザー家の人間を名誉会長とし、Heinrich and Henri Moser 基金の代表に迎えるという栄誉に浴しています。Heinrich Moser の子孫たちに設立された Moser 基金は、一族の歴史を維持するために機能しており、Heinrich Moser 家が住まうシャルロッテンフェル城に併設の Moser 博物館に収蔵すべき昔のモデルの収集といった役目も担っています。時計製造に関するノウハウとこの分野での専門技術に裏打ちされた MELB Holding はH. モーザー、Hautlence という企業を擁するに至っています。MELB Holding は伝説的なジュウ渓谷を拠点とする家族経営の独立系グループです。

店舗における感染防止対策

oomiya 心斎橋店では、お客様ならびに従業員の健康と安全に配慮し、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、下記のとおり対応しております。

https://www.jw-oomiya.co.jp/contents/covid-19/

オオミヤはお客様ならびに従業員の健康と安全を最優先に考え、感染症の拡大防止に努めてまいります。お客様のご理解、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。