伝統ある職人の技と、機械式時計の最先端技術を結び付ける「A.ランゲ&ゾーネ」の真骨頂 ランゲ1

皆様こんにちは、及川です!
ゴールデンウィークも近づいてきて街はそわそわしてますね♪

本日はA.ランゲ&ゾーネの代表作、ランゲ1をご紹介させていただきます。
伝統ある職人の技と、機械式時計の最先端技術を結び付ける「A.ランゲ&ゾーネ」の真骨頂 ランゲ1-A.LANGE&SÖHNE -IMG_1863ランゲ1の魅力はなによりも他に見たことのない文字盤なのではないでしょうか。他にはない独創性を持っています。
時分、秒、日付など全てが重なることなく配置されています。
今までの時計のデザインの概念から逸脱しており、異彩を放っています。
伝統ある職人の技と、機械式時計の最先端技術を結び付ける「A.ランゲ&ゾーネ」の真骨頂 ランゲ1-A.LANGE&SÖHNE -IMG_1877時分、秒、デイト表示は、それぞれの中心を線で結ぶと二等辺三角形が形成されるように設計されています。
それを結ぶ中点にはパワーリザーブ表示の針が配置されているなど、ばらばらなデザインのように見えますが計算されたデザインです。
このデザインを手がけたのはLMHのプロダクトデザイナーであったラインハルト・マイス氏。数学者でもあった彼は、数学的センスに長けた人物だったそうです。
細かいディティールについても計算され尽くしたこのデザインはそんな彼だからこそできた発想なのではないでしょうか。
伝統ある職人の技と、機械式時計の最先端技術を結び付ける「A.ランゲ&ゾーネ」の真骨頂 ランゲ1-A.LANGE&SÖHNE -IMG_1865顔である文字盤以上に誰もが目を見張るのは時計の持ち主でしか見ることのできないムーブメントです。
ひとつひとつ手作業で施されたテンプ受けのエングレービングの精密さやプレートのストライプ模様などは繊細で美しいです。
洋銀製の4分の3プレートや歯車の軸受けのルビーはゴールドシャトンにはめ込まれ、ブルースティールのビスで留めてあり、まるでお花が描かれているようです。
伝統ある職人の技と、機械式時計の最先端技術を結び付ける「A.ランゲ&ゾーネ」の真骨頂 ランゲ1-A.LANGE&SÖHNE -IMG_1890発表から20年以上経った今でも愛されているのは、その美しさ、唯一無二の存在感ではないでしょうか。
伝統ある職人の技と、機械式時計の最先端技術を結び付ける「A.ランゲ&ゾーネ」の真骨頂 ランゲ1-A.LANGE&SÖHNE -IMG_1909現在作られているのはゴールドやプラチナ等の素材が殆どとなっており、その高級感は身に着ける方にこそ感じる事ができるものではないでしょうか。
魅力の一つにもなるのはその希少性。誰しもが持つことができる時計ではないかもしれません。でも、だからこそ惹かれるのです。

その繊細さ、美しさは変わることなく受け継がれてきています。是非、一度お手に取ってみてはいかがでしょうか。

商品名:ランゲ1
品番:LS1914AD 191.032
ムーブメント:ランゲ手巻きキャリバーL121.1
ケース素材:ピンクゴールド
ケース径:38.5mm
価格:¥3,834,000(税込)※2019年4月現在

只今、ワールドウォッチフェア開催中です。
フェア期間中の今なら、金利・手数料無料の『oomiyaプレミアム・クレジット』がご利用いただけます。
100万円未満のモデルは最大60回まで無金利分割、100万円以上のモデルは最大84回まで無金利分割がご利用可能です。
詳しくは店頭のスタッフまでお尋ねくださいませ。
※信販会社による審査結果によりお客様のご希望に添えない場合もございます。予めご了承下さいませ。
伝統ある職人の技と、機械式時計の最先端技術を結び付ける「A.ランゲ&ゾーネ」の真骨頂 ランゲ1-A.LANGE&SÖHNE -credit_pc皆様のご来店心よりお待ちしております。