“カフェレーサー”から得たひらめきを大胆に融合させたユニークで他に類をみない CT スクーデリア

"カフェレーサー"から得たひらめきを大胆に融合させたユニークで他に類をみない CT スクーデリア-その他 -R1169473-700x525

イタリアの時計ブランド「CT スクーデリア」が店頭でご覧いただけます。

"カフェレーサー"から得たひらめきを大胆に融合させたユニークで他に類をみない CT スクーデリア-その他 -R1169467-700x525
スクーデリアの歴史イタリアのパルマ地方で代々受け継がれる時計職人の三代目として生まれたエンリコ・マルガリテッリ氏はプロのバイクレーサーとして活躍していました。レーサーとしての経歴を終えた後、家業に就いたエンリコ氏は自身の人生を表現すべく2012年にCT スクーデリアを立ち上げました。完璧なゴールが見つかるまで挑み続けてきたエンリコ氏―そんな彼がつくる時計は、他の物と同じであるわけがない―繊細で正確なスイス時計の構造やムーブメントに、古典的なカフェレーサー文化から得たひらめきを大胆に融合させたユニークで他に類をみないコレクション、CT スクーデリア。オーナーであるエンリコ・マルガリテッリ氏は時計屋の3代目として生まれ、時計デザイナーとなりました。しかし、彼は家業を継ぐ前、カフェレーサー界に強く惹かれるプロのバイクレーサーでした。レース場では、定められたコースでタイムを競う時と、ゴールラインが単なる概念であり、完璧なゴールを見つけるまで挑み続ける時もある。エンリコ氏がレーサーとしての道を終えた後も、オートバイは彼に強烈な影響を与えていった。カフェレーサーは、彼を次なる冒険へと導くひらめきの要素でありました。

 
カフェレーサーとは
1950年代、ロンドンで唯一24時間営業のACE CAFÉが
時代の流れと共に若者が集う人気店となりました。
そんな中、黒いライダースジャケットに身を包み、
カスタムされたバイクに股がった若者たちが
ジュークボックスにコインを入れ、曲が終わるまでに誰が
一番早く帰ってこれるかという危険な公道レースをはじめます。
そんな彼らの事を「カフェレーサー」呼ぶようになりました。
彼らの精神性やバイクのカスタムスタイルは 現代でも高い人気を誇っています。
 

CT スクーデリアにとって最も重要なコンセプトになっている
「カフェレーサー」はその特殊なケース形状やデザイン、
カスタマイズ性に反映されています。

また全世界の時計業界でこの“カフェレーサー”という言葉を
使用して良いのはこのCT スクーデリアのみです。

モデルを共通して12時の位置にある特徴的なリューズとプッシャー、使用するネジの1つ1つにまでこだわり、カスタムバイクを彷彿させる拘ったケース構造が魅力的です。

"カフェレーサー"から得たひらめきを大胆に融合させたユニークで他に類をみない CT スクーデリア-その他 -R1169472-700x525

イタリアの国旗がエナメル色で施された特徴的な裏蓋

"カフェレーサー"から得たひらめきを大胆に融合させたユニークで他に類をみない CT スクーデリア-その他 -R1169470-700x525

ケース径40mmのサイズが腕の収まりも良くフィットします。

"カフェレーサー"から得たひらめきを大胆に融合させたユニークで他に類をみない CT スクーデリア-その他 -R1169466-700x525 "カフェレーサー"から得たひらめきを大胆に融合させたユニークで他に類をみない CT スクーデリア-その他 -R1169465-700x525 "カフェレーサー"から得たひらめきを大胆に融合させたユニークで他に類をみない CT スクーデリア-その他 -R1169463-700x525

CT スクーデリアの持つ均整のとれたすっきりとした線は、独特なフォルムへの挑戦というマルガリテッリ氏の熱意によって想い描かれいます。12時位置のリューズとプッシャーは「ストップウォッチとしての時計」を特徴付け、ベルトを外すことによって単体で懐中時計やストップウォッチとして使用することも可能です。革ベルトには、高級スポーツカーで使用されているものと同じ革を用いて、スイスの職人がハンドメイドで製造しています。是非実物を店頭でご覧ください。

"カフェレーサー"から得たひらめきを大胆に融合させたユニークで他に類をみない CT スクーデリア-その他 -R1169468-700x525

品番:CS40106
ムーブメント: スイス製クオーツムーブメント
ケース径: 40mm
機能: クロノグラフ/カレンダー
防水性: 10気圧防水
ケース: ピンクゴールドIPステンレススチール
レンズ: サファイアガラス
ストラップ: ブラックシリコンラバー
価格:150,000円(税抜)

COMMENT ON FACEBOOK