スイスの公式ギフト。「ジャガー・ルクルト」から「アトモス・クラシック」をご紹介。

世界一の時計生産国とされるスイスの数ある時計ブランドの中から唯一、国が認めた時計の公式ギフト。
皆様はどんな時計かご存知でしょうか?

皆様、こんにちは!
前田です!
本日はスイスの公式ギフトとして選ばれ続ける、「ジャガー・ルクルト」の「アトモス・クラシック」をご紹介!
スイスの公式ギフト。「ジャガー・ルクルト」から「アトモス・クラシック」をご紹介。-Jaeger-LeCoultre -IMG_1144-600x450J.F.ケネディ、ウィンストン・チャーチル、シャルル・ド・ゴール、チャーリーチャップリン、、、大統領、首相、世界的に有名なアーティストから司教まで。スイスへ訪れる著名人をはじめ、世界中で贈答として愛用されているアトモス。
外部動力を必要とせず、水平な場所に設置して頂けるだけで、太陽がある限りは半永久的に稼働し続けます。
スイスの公式ギフト。「ジャガー・ルクルト」から「アトモス・クラシック」をご紹介。-Jaeger-LeCoultre -IMG_1027-600x450仕組みは大きな文字盤の裏に隠れたこの円形のカプセル。
時計自体の名の由来は“Atmosphere”(アトモスフィア)から名付けられていますが、この言葉は日本語で“空気・大気”などを意味します。
名の通り空気を動力とするこのアトモスは、カプセル内部に密封された混合ガスが詰まっており、気温の上昇、低下に伴って収縮・膨張を繰り返します。この力を利用し、時計内部のゼンマイを巻き上げ、時計が稼働する仕組みになっているのですが、驚くべきことに気温が摂氏15度~30度の間で1度変化するだけで、時計は約2日間稼働するためのエネルギーを得ます。
この革新的な技術は1,928年にジャン・レオン・ルターによって考案され、「ジャガー・ルクルト」によってさらに数年、研究期間を費やし誕生しました。
上から覗くと細いワイヤーで振り子が吊るされているのを確認できます。
振り子部分がコチラ。
スイスの公式ギフト。「ジャガー・ルクルト」から「アトモス・クラシック」をご紹介。-Jaeger-LeCoultre -IMG_1028-600x450アトモスの振り子は非常にゆっくりと動きます。
どれぐらいゆっくりかと言いますと、アトモスの心臓部である振り子は1分間に2回。
比較すると一般的な置時計の60分の1、機械式腕時計の240分の1、さらにはクォーツ式腕時計の1,966,000分の1に相当し、消費するエネルギーは極めて僅かです。
ちなみこの消費エネルギーを電力に例えると、6000万個集めたアトモスの消費エネルギーが15ワットですので、15ワット分の電球1個を稼働させるエネルギーに相当します。とてもエコですね。
この最小エネルギーで機構を支える為に、一切の過度な負担を排除したシンプルな設計のアトモスですが、理論上では単独で600年稼働し続ける事が可能とされているものの、現在では大気汚染などの影響を考えると定期的なメンテナンス・点検を必要とします。

只今、店頭でご覧いただけます、、、。
皆様も大切な方への贈答品として、いかがでしょうか。

アトモス・クラシック
品番:Q5102201
ジャガールクルト製キャリバー:560
ケース:ロジウムプレート
価格:772,200円(税込)