PANERAI(パネライ)がデザインした最初の腕時計「RADIOMIR(ラジオミール)」、グリーンのベルトが映える小ぶりなモデルがoomiya大阪心斎橋店でご覧頂けます。

PANERAI(パネライ)がデザインした最初の腕時計「RADIOMIR(ラジオミール)」、グリーンのベルトが映える小ぶりなモデルがoomiya大阪心斎橋店でご覧頂けます。-PANERAI -IMG_7137-600x400

 

ライトグリーンのアリゲーターストラップがついたラジオミールRADIOMIR 1940 3DAYS ACCAIO 42mmが只今店頭でご覧いただけます。

PANERAI(パネライ)がデザインした最初の腕時計「RADIOMIR(ラジオミール)」、グリーンのベルトが映える小ぶりなモデルがoomiya大阪心斎橋店でご覧頂けます。-PANERAI -R1165637-600x450

 

タイムレスなパネライらしいデザインを持つ「ラジオミール 1940 スリーデイズ アッチャイオ – 42mm」は、パネライの歴史、現代の最先端時計製造技術、イタリアンデザイン、スイスのマニュファクチュールが一体となったユニークな、ひと目ですぐにパネライと分かるタイムピースです。このタイムピースは、ピュアなラインで構成されていながら、強烈な個性を持ち、多目的に使え、どんなシチュエーションにもぴったりな時計を探し求めているすべての時計愛好家にぴったりの逸品です。「ラジオミール 1940 スリーデイズ アッチャイオ – 42mm」のブラックの文字盤は、大きなバータイプのアワーインデックスと数字が配され、最大限の視認性が確保されるよう1930年代末に発明されたパネライおなじみのサンドイッチ構造になっています。この構造は、蛍光物質を含む2枚のプレートを重ね合わせ、下層プレートに塗布された蛍光物質が数字やインデックスの形にくり抜かれた開口部を通して発光します。

PANERAI(パネライ)がデザインした最初の腕時計「RADIOMIR(ラジオミール)」、グリーンのベルトが映える小ぶりなモデルがoomiya大阪心斎橋店でご覧頂けます。-PANERAI -IMG_7140-600x400

3日間パワーリザーブを備える新しい自社製手巻きキャリバーです。 安全性と安定性を最大限に確保することを目的として、テンプは、高さをマイクロメーターで調整するためのねじ込み式リングを持つネジで固定される2つのサポートが付いたブリッジによって保持されています。振動数は4Hz(28,800回/時)です。

PANERAI(パネライ)がデザインした最初の腕時計「RADIOMIR(ラジオミール)」、グリーンのベルトが映える小ぶりなモデルがoomiya大阪心斎橋店でご覧頂けます。-PANERAI -IMG_7138-600x400

時刻設定時に、テンプを停止させ、時報に合わせて秒針をゼロ位置に戻し、時刻を正確に合わせることを可能にするゼロリセットセコンド機構も搭載されています。ぜひ実物を店頭でご覧ください。

PANERAI(パネライ)がデザインした最初の腕時計「RADIOMIR(ラジオミール)」、グリーンのベルトが映える小ぶりなモデルがoomiya大阪心斎橋店でご覧頂けます。-PANERAI -IMG_7135-600x400

RADIOMIR 1940 3DAYS ACCAIO 42mm
PAM00574
手巻き パネライ自社製P.1000キャリバー
ケース径:42mm
パワーリザーブ:72時間
防水:10気圧防水
価格:840,000円(税抜)

#oomiyaSummerFesta
#PANERAIOsaka
#PANERAIShinsaibashi
#PANERAI
#オオミ
#oomiya
#oomiya1978
#oomiya大阪心斎橋店