チタンを贅沢に使用したチューダーの本格ダイバーズウォッチ “ぺラゴス”

皆様こんにちは。
いつもoomiya京都店のブログをご覧頂き誠に有難うございます。

今回は8月よりoomiya京都店にて取り扱いをスタートさせて頂いたチューダーから500m防水を備えた本格ダイバーズウォッチをご紹介致します。
チタンを贅沢に使用したチューダーの本格ダイバーズウォッチ “ぺラゴス”-TUDOR -tudor-pelagos-3見た目の存在感から重量感がありそうと思われがちなモデルですが、実際にお手に取って頂くとその軽さに驚かれる方がほとんどです。ケースだけでなくブレスレットにもチタンが採用されている為、腕への負担も少なく1日中着けていられます。さらに伸縮機能を備えたラバーストラップも付属していますので、あらゆる場面でお使い頂くことが出来ます。

文字盤とベゼルのカラーリングを合わせることで全体的な統一感が生まれダイバーズウォッチながらシックな装いにも合わせやすくなります。
チタンを贅沢に使用したチューダーの本格ダイバーズウォッチ “ぺラゴス”-TUDOR -P8240495ケース、ブレス共にチタンということだけあって、もって見ると非常に軽い。ケースサイズは42mmと他のステンレスモデルよりも大きさはありますがそれにしてもこの軽さは驚きです。
そしてもう一つ驚きなのがベゼルにセラミックが使用されているところです。セラミックは衝撃に強く傷がつきにくいとされておりベゼルに使用されることは多々ありますが、この価格帯で取り入れられることは少なくチューダーの技術力の高さが窺えます。
チタンを贅沢に使用したチューダーの本格ダイバーズウォッチ “ぺラゴス”-TUDOR -P8240496ダイバーズウォッチとして名を馳せているだけあって防水性能は500mを確保。ケースサイドの左側にはヘリウムエスケープバルブを搭載し実際の潜水時にも使用できるような本格的な仕上がりになっています。
チタンを贅沢に使用したチューダーの本格ダイバーズウォッチ “ぺラゴス”-TUDOR -P8240497 ブレスレットのバックル部分を見るとウェットスーツの上からでも着用できるよう微調整の機能がついています。
冒頭でもお伝えしましたがラバーストラップの場合は伸縮機能付きのストラップが付属されていますので、仕事や趣味でダイビングなどをされる方にもおススメの1本ですね。
チタンを贅沢に使用したチューダーの本格ダイバーズウォッチ “ぺラゴス”-TUDOR -P8240498 チタンを贅沢に使用したチューダーの本格ダイバーズウォッチ “ぺラゴス”-TUDOR -tudor-pelagos-5 いかがでしたか?
チューダーはハイスペックでありながらお求めやすい価格での提供を実現しています。初めて時計の購入を検討されている方にもいくつも時計を所有されている方にもおススメしたいと思わせるほどいい部分ががたくさん詰まっています。言葉だけではお伝えすることが出来ない様々な魅力がまだまだありますので是非店頭にてチューダーの壮大な世界観を肌でご体感ください。
皆様のご来店心よりお待ちしております。
チタンを贅沢に使用したチューダーの本格ダイバーズウォッチ “ぺラゴス”-TUDOR -P8240493

チューダー
ぺラゴス
品番:M25600TN-0001
ムーブメント:自動巻き(マニュファクチュール キャリバー MT5612)
素材:チタニウム
ベルト:チタニウム
防水:500m防水
サイズ:42mm
価格:¥521,400-(税込)

*チューダーについて
・チューダーは独自の価値とともに洗練されたスタイルと、確かな信頼性を約束する機械式時計を提供するスイスの時計ブランドです。
・チューダーの起源は1926年にまで遡り、この年ロレックスの創立者ハンス・ウイルスドルフの代理で、スイスの腕時計メーカーが「チューダー(The Tudor)」を初めて登録。
・その後、1946年ハンス・ウイルスドルフは、ロレックスの品質と信頼性を有し、先駆者を備えた腕時計を製造するために、モントレ チューダーSAを設立、自身の名義で再登録した。
・チューダーの腕時計はその歴史において、最も果敢に活動する冒険家や熟練のプロフェッショナルたちに選ばれてきた。
・ブラックベイ、ペラゴス、スタイルといった象徴的なモデルをラインナップし、2015年以降、多様な機能を搭載した
   機械式マニュファクチュールムーブメントモデルを世に送り出している。

*TUDOR is #BornToDare
#BornToDare とは、意訳すると“型破りな精神“や“天性の変革者“という意味。
昔も今も変わらない哲学は、ブランドの歴史を語る上で欠かすことができないものである。
・チューダーの腕時計は、数々の冒険家たちに愛され、陸海空、時には氷上などに過酷な環境下でさえ正確に時を刻み続けてきた。
・それは創業者のハンス・ウイルスドルフ自身の哲学ともいえる。彼にとって真の実用時計とは、過酷な環境に耐え得ることはもちろん、現代的でありことでライフスタイルを表現できるものでなければならなかった。
・それは現在のチューダーが持つ先駆的なクリエイティビティへと通じている。
・その哲学のもと、チューダーは腕時計業界において様々な偉業を成し遂げてきた。
チューダーの#BornToDareの精神は様々なアンバサダーを通じて世界中に届けられ、彼ら自身もその哲学を自ら体現し続けている。