ゼニス/当時のモデルをデジタルデータから忠実に再現し復刻した「エル・プリメロ A384 リバイバル」

昨年2019年、日本では平成を改元して令和に変わるという記念すべき年でした。
そしてスイスの老舗時計ブランドZENITH(ゼニス)にとっても記念すべき年となり、その記念を祝し登場してきたモデルがございます。
ゼニス/当時のモデルをデジタルデータから忠実に再現し復刻した「エル・プリメロ A384 リバイバル」-ZENITH -P8012919ZENITH ゼニス
エル・プリメロ A384 リバイバル
品番:03.A384.400/21.C815
ムーブメント:自動巻きクロノグラフ(エル・プリメロ 400)
ケース径:37mm
防水:5気圧防水
価格:¥902,000-(税込)

時計業界では近年レトロな雰囲気のモデルが多く発表されております。
こちらのモデルもクラシカルなイメージのモデルですがゼニスとっては歴史にも残る非常に丁寧に製作されたモデルです。

ゼニスといえば自動巻きクロノグラフムーブメント「エル・プリメロ」を発明したブランドでもあり、「エル・プリメロ」はゼニスだけでなくその他有名時計ブランドでも実績のあるムーブメントが搭載されたモデルも実在しておりました。

1969年にエル・プリメロ自動巻きクロノグラフキャリバーが初めて発表。
振動数36,000/時、コラムホイールのメカニズム、50時間パワーリザーブの自動巻きムーブメント。
機械のスペックを見てもまるで現代の機械式時計のようなスペックです。
1966年 このムーブメントが発表されると同時にこのエル・プリメロを搭載したモデルがゼニスの初ウォッチ、エル・プリメロ A384になります。ゼニス/当時のモデルをデジタルデータから忠実に再現し復刻した「エル・プリメロ A384 リバイバル」-ZENITH -P8012912こちらのモデルはゼニスが約50年前に初めて発表した エル・プリメロ A384の復刻モデルとして登場した記念すべきモデルです。
リバイバルの語源は英語の「revival」でre=もう一度、vive=生きるという意味があり
再評価されること、復活を遂げるという意味ももちます。

エル・プリメロ生誕50周年を記念して見事に復活を遂げたのですがこちらのゼニス エル・プリメロ A384 リバイバルは
ゼニスの時計作りへの熱意が特に表されたモデルです。ゼニス/当時のモデルをデジタルデータから忠実に再現し復刻した「エル・プリメロ A384 リバイバル」-ZENITH -P8012911

先ほど述べた当時に発表されたオリジナルモデルをすべて忠実に再現するためにリバースエンジニアリングにより全ての部品を再現することに成功。その再現方法はなんと一つ一つの部品をデータ化して再現しております。ゼニス/当時のモデルをデジタルデータから忠実に再現し復刻した「エル・プリメロ A384 リバイバル」-ZENITH -P801291237mmのファセットスティールケース、ダイアル、クロノグラフのプッシュボタンなどまるでオリジナルモデルそのような作りとなっております。ゼニス/当時のモデルをデジタルデータから忠実に再現し復刻した「エル・プリメロ A384 リバイバル」-ZENITH -P8012913

ゼニス/当時のモデルをデジタルデータから忠実に再現し復刻した「エル・プリメロ A384 リバイバル」-ZENITH -P8012917唯一の違いは当時のモデルはアクリルガラスを採用していたのに対しリバイバルは傷に強いサファイアクリスタルガラスを採用しております。またケースバックも当時はステンレススティール製の蓋がされておりましたが裏側にもサファイアクリスタルガラスを用い搭載されているエル・プリメロ 400をご覧いただけます。ゼニス/当時のモデルをデジタルデータから忠実に再現し復刻した「エル・プリメロ A384 リバイバル」-ZENITH -P8012916この搭載されているムーブメントは約50年の年月を積み重ね改善・改良を積み重ねた「エル・プリメロ」です。

そして今年2020年にはラダー(梯子)型のブレスレットタイプも登場。
レザーストラップとの付け替えの互換性がございますので季節に応じても使い分けが可能になっております。

こちらのモデルは限定販売モデルではございませんが非常にお問い合わせの多いモデルで店頭でも中々実物をご覧いただけない場合があるモデルです。
人気のモデルがようやく再入荷してきましたが次回入荷は未定となっております。

ゼニスの歴史を感じれる1本です。ご来店の際には是非、手にとってご覧くださいませ。