「機械式時計」と「クォーツ式時計」の違いについて、、、

皆さん、こんにちは。
本日の鹿児島は一気に気温が下がり、また冷え込んでいます。
明日から3月ですね♪そろそろ暖かくなってきてほしいと思う大野です。
そんな本日もoomiya鹿児島店は元気に営業しております。
「機械式時計」と「クォーツ式時計」の違いについて、、、-スタッフのつぶやき -PB270200さて本日は、時計の種類の中でも「機械式」と「クォーツ式」について詳しくご説明したいと思います。
見分け方としては、秒針の動きで見分けることができます。
クォーツ式時計は秒針がカチッカチッと1秒毎に進むステップ式で、機械式時計は1秒毎に進まずスーっと滑らかに進むスィープ式が多くなっています。

機械式時計とは、、、
ゼンマイ仕掛けになっており、巻き上がったゼンマイが解ける力を利用してムーブメント(時計に内蔵された機械)に組み込まれた歯車や、文字盤上の針などを動かす仕組みになっています。
機械式時計にも「自動巻き」と「手巻き」の2種類に分かれています。

自動巻きは、内部にローターと言って重りのようなものが入っており、それが腕の振りによって動きゼンマイを巻き上げるという構造になっています。
リューズを指で回して巻き上げることも可能です。
「機械式時計」と「クォーツ式時計」の違いについて、、、-スタッフのつぶやき -P1161200-1手巻き式は、リューズを指で回してゼンマイを巻き上げる構造です。
動力源のゼンマイは巻き上げた後にゆっくりと緩むことによって歯車に力を加えます。
内部にローターは入っていません。
「機械式時計」と「クォーツ式時計」の違いについて、、、-スタッフのつぶやき -P2291907機械式の特徴としては、電池交換の必要がなく、長い歴史とステータスを持っています。
注意点は、メーカー・価格帯などにより個体差があり、定期的にオーバーホールが必要です。
また、置いておくと止まってしまい、クォーツ式の時計に比べると一日に数秒の誤差が出ます。

続いてクォーツ式時計とは、、、
1969年に史上初の市販腕時計を精工舎(現在のセイコー)が発表しました。
機械式におけるゼンマイを電池に、そしてテンプを水晶振動子に代えた駆動方式で針などを動かす仕組みになっています。
「機械式時計」と「クォーツ式時計」の違いについて、、、-スタッフのつぶやき -da2bb79125504a6b3820ec2f9c938e8d-1特徴としては、時計の時刻がほぼ正確です。
注意点は、電池交換をしなければいけなく、機械式時計と同様定期的にオーバーホールが必要です。

いかがでしたでしょうか?
それぞれ特徴があって面白いですよね♪
少しでも時計選びのお役に立てれば嬉しいです。

お近くに来られた際は是非お気軽にご来店ください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

6770 PV