【10/19発売】MRG-G2000R 今回はシリーズ初となるラバーベルト採用

10/19日にMRG-G2000R-1AJRが発売となりました。
シリーズ初となるラバーベルトを採用しております。
今までに無い1本となっておりますのでまずはご覧下さい。【10/19発売】MRG-G2000R 今回はシリーズ初となるラバーベルト採用G-SHOCK
品番:MRG-G2000R-1AJR
価格:¥324,000(税込)
駆動:GPS・電波ソーラー・Bluetooth(Connectedエンジン 3-way)
素材:チタン
風防:内面無反射コーティングサファイヤガラス
備考:MRG-Connected アプリ対応。シリーズ初となるフッ素ラバーを採用【10/19発売】MRG-G2000R 今回はシリーズ初となるラバーベルト採用MR-Gらしい黒に統一されたボディと文字盤は重厚感と男らしさと頑丈である事の証を物語っています。
【10/19発売】MRG-G2000R 今回はシリーズ初となるラバーベルト採用G-SHOCK(1万円~)で多く使用されている俗にいう『ラバーベルト(正式には、ウレタンベルト)』と今回のMR-Gで使用されている『フッ素ラバー』は何が違うのか?同じラバー系素材ではありますが大きく違います。【10/19発売】MRG-G2000R 今回はシリーズ初となるラバーベルト採用ウレタンベルト:工業用、高圧パッキン、物理的な力のかかる物に一般的に使用される。
フッ素ラバーベルト:耐熱、耐油、耐化学薬品性を必要とするミサイル、ロケットなどのパッキン、化学工場の耐食パッキン、ホース、ポンプ部品などの薬品系や特殊な環境下で使用される。

以上の様に違いはあるのですが、私が一番響いたのは『水と酸化』に対しての違いです。フッ素ラバーは特殊な環境下で使用する事が多いので水による劣化と酸化がし難い様になっております。ラバー系素材は経年と共に固くなり割れるという事が起きますが、”フッ素ラバー”はそれが起きにくくなっております。【10/19発売】MRG-G2000R 今回はシリーズ初となるラバーベルト採用ラバーベルトの表面には、毘沙門天の甲冑に見られる”毘沙門亀甲”の模様が入っています。MR-Gが毎回テーマとしている和の伝統表現が、仏法を護る武神の強さと精神的な余裕を感じさせています。
【10/19発売】MRG-G2000R 今回はシリーズ初となるラバーベルト採用本体とベルトを接続するラグの部分には、耐振動性を考慮した新機構。”緩まないネジ”で有名な「NejiLaw(ネジロウ)」と共同開発した「L/R-Δ(エルアールデルタ)ロック」を使用しています。チタン無垢財を鍛造切削した、シンプルながら高級感あふれるプッシュ式のバックルも今回新しく採用されております。

35周年の記念Year終了目前にスペシャルな1本を出してきました。発売前より多くの問合せを頂いており、予約完売間近となっておりました。現在は店頭でご覧頂けますので一度店頭にお越し下さい。

G-SHOCK ウェブカタログを見る
oomyia 和歌山本店は、関西エリア時計専門店唯一のG-SHOCKコンセプトショップ「EDGE(エッジ)」です。

コメントを投稿する

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

フェイスブックでコメントする